「超ちっさい知的宇宙人はもう地球に来ている」NASA研究者が衝撃のガチ発言!! 「UFO目撃を否定すべきでは無い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
「超ちっさい知的宇宙人はもう地球に来ている」NASA研究者が衝撃のガチ発言!! 「UFO目撃を否定すべきでは無い」の画像1
コロンバノ博士「Research Gate」より引用

 NASA研究者が「宇宙人は地球に来ている」と発言し、大きな話題になっている。

 米「Fox News」(12月3日付)によると、NASAエイムズ研究センターのシルバノ・P・コロンバノ博士は、最近発表した研究レポート「New Assumptions to Guide SETI Research」で、宇宙人の存在に言及したという。

「私は端的に次のことを指摘したい。我々が今後発見するだろう知性体、あるいは、我々を発見することを選ぶ知性体(もし彼らがまだ我々を見つけていないとすればだが)は、我々のように炭素ベースの生命体では全くないということです。(中略)彼らは“極小の超知性体”でしょう」(コロンバノ博士)

「超ちっさい知的宇宙人はもう地球に来ている」NASA研究者が衝撃のガチ発言!! 「UFO目撃を否定すべきでは無い」の画像2
画像は「The Sun」より引用

 コロンバノ博士によると、人類はまだ星間飛行さえ不可能だと考えているが、それは地球の科学技術は興隆してまだ500年程度だからであり、地球よりもはるかに進んだ文明には我々に想像さえできない技術が存在するはずだという。そうした“超知性体”にとって地球人は未開人も同然であるから、たとえ彼らが地球に訪れているとしても、我々の想像力の範囲では見つけることができないのも至極当然だ。

 “極小の超知性体”といえば、原子物理学者のルゲロ・サンティリ氏が、大気中に「不可視の生命体」が存在すると主張していたことが思い出される。通常のレンズとは異なる凹レンズを使用した「サンティリ式望遠鏡」により、肉眼では見ることができない2種類の不可視体がいることが分かっているが、もしかしたら、これらこそ“極小の超知性体”なのかもしれない……。

コメント

8:匿名2018年12月 8日 00:56 | 返信

これから人類はAIと融合だの都市伝説がある。

んで、宇宙人は我々よりはるかに高度な技術がある。
にも関わらず毎回描かれるイラストやイメージ図は生身なのか・・・・w

何故宇宙人は生身なのに人間は融合なのかw
なんかそういうの考えるとあほらしくなる

7:匿名2018年12月 7日 16:32 | 返信


「超うっさい知的宇宙人」に見えた。。。

6:匿名2018年12月 5日 17:20 | 返信

宇宙人を発見したいなら望遠鏡より顕微鏡

5:匿名2018年12月 5日 03:48 | 返信

地球人の大きさが宇宙の基準だと思う考えこそ、遅れた文明の証です。

全ての宇宙人が地球より遅れた文明や科学技術しか持たないのなら、とっくの昔に支配者層の手下の
NASAは、堂々と発表して教科書にも載っていたでしょう。

4:匿名2018年12月 4日 21:58 | 返信

量子のデカさは宇宙どこ行っても変わらんやろうし目視出来る体格はありそうにも思うけどな
ただ何の物質を糧に生きてるかは夢が膨らむが

3:匿名2018年12月 4日 20:35 | 返信

>そのような先進文明を持つエイリアンはおそらく宇宙をさすらっていて、辿り着いた星ならどこでも支配し植民地化することを目論んでいます。

えーと、地球にしか無い資源など無いと思うし、先進文明ならテラフォーミング技術や遺伝子操作技術を持ってるだろうから住処も奴隷も要らないと思うわ。

2:匿名2018年12月 4日 17:32 | 返信

夏の夜、寝ていると耳元をプーンという高音がよぎるんだよ。
たしかに、なにか小さなものが飛行していたんだ。
 
翌朝起きると身体のあちこちが痒くてたまらないんだ。
 
今から思えば、あれが「超ちっさい宇宙人」の攻撃だったんだな。

1:匿名2018年12月 4日 17:23 | 返信

「超ちっさい知的宇宙人」ときいて、池乃めだかを思い浮かべたが、
・・・宇宙人はそこまで小さいのか!
 
『ホーキング博士の数学的思考が正しければ、我々は遠からず彼らから攻撃を受けることになるだろう。』
なんか最近、眩暈を感じるんだが、
寝不足のせいじゃなくて、宇宙人の攻撃かもしれないな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。