超一流デューク大学がガチの「UFOコース」を来年開講! 教授「UFOは我々と共にある」ロズウェル事件、アブダクションの真実へ…

超一流デューク大学がガチの「UFOコース」を来年開講! 教授「UFOは我々と共にある」ロズウェル事件、アブダクションの真実へ…の画像3画像は「Getty Images」より引用

 ハルペリン氏が言及しているのはヒラリー・クリントン氏のことだ。クリントン氏はUFO情報の開示を選挙公約に掲げていた。そんなクリントン氏にハルペリン氏は触発され、UFOコースを再開し、これまでのUFO情報をアップデートしようと思ったのだという。

 取り扱うトピックは、1966年にオーストラリア・メルボルンで起こった「ウェストールUFO事件」、「メン・イン・ブラック」、「UFOアブダクション体験」、1947年に米ニューメキシコ州で起こった「ロズウェル事件」などさまざまだ。

超一流デューク大学がガチの「UFOコース」を来年開講! 教授「UFOは我々と共にある」ロズウェル事件、アブダクションの真実へ…の画像4画像は「Duke University」より引用

 新生UFOコースはデューク大学Judea Reform Congregation で、2019年1月7日~3月25日に開講する。同コースを通してハルペリン氏は、「UFOはどこから来たのか?」「UFOはどうやって飛ぶのか?」という通俗的な問いではなく、「UFOは何を意味しているのか?」という本質的な問いを探究したいとのことだ。

 遂にUFO学が世界的に認知される時が来たようだ。いずれUFOの存在を誰もが真剣に受け止める日が来ることだろう。そして今一度、UFO研究に情熱を注ぎ、今日のUFO学の基盤を築いてくれたJ・アレン・ハイネック博士、ジェームズ・E・マクドナルド博士らに敬意を表したい。
(編集部)


参考:「Mysterious Universe」、ほか

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...