【速報】今月エリア51に米軍用機が集結、大規模演習が行われていた! 対UFOエイリアン戦想定か… ガチで何かが進行中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 ブラウン博士の知人だった科学者のキャロル・ロジン博士が、「Disclosure Project」で語った内容がこれだ。

「最も興味深かったのは、ブラウン博士が何度も繰り返し話した内容でした。博士によると、国民や意思決定者を教育するためにある戦略が使われているというのです。それは脅しの戦略であり、我々が敵を特定する方法です。最初に敵と見なされたのはロシアで、次にテロリスト、第三世界の狂人、小惑星が続くと彼は言いました。そして最後に敵と見なされるのがエイリアン、地球外生命体だと言うのです。博士は4年の間に繰り返し次のように言っていました。『キャロル、最後のカードはエイリアンだということを忘れてはいけない。我々はエイリアンに対抗するために宇宙兵器を作ることになるだろう。でも、全ては嘘なんだよ』」

【速報】今月エリア51に米軍用機が集結、大規模演習が行われていた! 対UFOエイリアン戦想定か… ガチで何かが進行中!の画像4ヴェルナー・フォン・ブラウン博士「Collective Evolution」より引用

 米政府が敵を生み出す理由の1つは国民の意識を外に向けることによって大衆をコントロールするためだと考えられるが、戦争を続けることで軍産複合体を儲けさせるという理由もあるだろう。

 地球上に敵がいなくなった場合は地球の外に敵を求めるしかない。それが隕石や宇宙人だというわけだ。おそらく米国はリバース・エンジニアリングで開発した地球製UFOを使い、「エイリアンの地球侵略」をでっち上げる魂胆なのだろう。今年6月に米トランプ大統領が「宇宙軍」の創設を指示したのも、こうした戦略の一環と見ることができる。

 エリア51付近で行われた今回の演習はその時のための予行演習……というのは考え過ぎだろうか? とはいえ、現にブラウン博士のように警告を発している人物がいるのは事実だ。警戒は怠るべきではないだろう。
(編集部)


参考:「The Drive」、「Collective Evolution」、ほか

コメント

2:archscanty 2018年12月17日 21:39 | 返信

>>1
鋭い!

1:匿名 2018年12月12日 21:55 | 返信

サムネイルの画像は本文のどこにも使われていない。
TOCANAでお馴染みの詐欺記事。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。