エルヴィス・プレスリーはやはり生きていた! 専門家が“本人認定”した「死後4年目の肉声テープ」とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 20世紀のアメリカが生んだ偉大なるロックンロールの帝王エルヴィス・プレスリー。毎年1月8日には邸宅のある聖地「グレイスランド」で盛大な誕生記念パーティが行われる。今なお多くのファンを惹き付けるプレスリーであるが、1977年に42歳という若さで亡くなって以来、その死は偽装されたもので本当は生きているという噂が未だに根強い。そんな中、プレスリー生存説の証拠とされるテープの存在が、今改めて注目されているという。英「Daily Star」が新年早々から報じている。

0107elvis-1.jpg画像は「Daily Star」より引用

■プレスリー死後4年目の電話

 プレスリー生存説はその衝撃的な死の直後から囁かれており、これまでにも目撃証言や証拠写真とされるものがたびたび世界中のタブロイド紙を賑わせてきた。トカナでも過去に、2017年の誕生パーティに現れた「本人」とされる疑惑の人物について報じている。

 さて、このたび英「Daily Star」が証拠として取り上げたのは、プレスリーの死から4年後に電話での会話を録音したというテープである。テープの存在を明らかにしたのはプレスリー生存説を唱えている米国の作家ゲイル・ブリューワ・ジョルジオ氏である。彼女はプレスリーが死ぬ直前、人気歌手が死を偽装して姿を消すという内容の小説『オリオン』を執筆、それが縁となってプレスリーの死を調査し始めたという人物だ。

 テープはプレスリーとされる男性と、ジョージア州在住の男性による電話での会話を録音したものであるという。録音されたのは1981年で、これは死の4年後に当たる。テープに収められた声はプレスリーのものと酷似しており、音声認識の専門家もプレスリーのものであると鑑定している。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。