“広くて安い土地”には死体が埋まっている可能性…!? 競売ブローカーも敬遠する「最悪の物件」を不動産執行人が暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 この流れで今回ご紹介する物件は敷地内に先祖代々の墓を持つ旧家。

 敷地面積の広い農家住宅から建て直された母屋と先祖代々の墓のみが切り出された形の土地建物。

 交通量の多い県道に面しているため、周囲には田んぼが目立つという立地条件ながらも使い勝手は良さそうだ。

 敷地内には雑木林があり、これを抜けた日の差し込む場所にポツンと墓がある。

 墓がある物件自体はそこまで珍しい案件ではないのだが、厄介であることに変わりはない。

 大抵の場合、債務者家族が移設や遺骨引取の意思を見せるのだが……。

画像は「Getty Images」より引用

 今回の債務者は移設や墓じまいの意思を全く示さないという困った案件だった。

 一般的に墓石の撤去には30万円程度の費用がかかる。これらは当初からマイナス評価として撤去費用を差し引いた値付けが行われるのだが、遺骨は債務者(または債権者)の引取ありきで考えられているフシがある。

 実際に遺骨の扱いに関して正式な手続きを踏もうとした場合、コスト以上の手間がかかる。

 これらの内墓は埋葬に関する法整備が敷かれる以前のものであるため、まず現行法との整合性が取れる申請を行ってから必要書類を発行できるようにし、新しい移設先を見つけ証明書の発行を依頼した後、移設手続きを進めるという流れになり、複数の遺骨が埋葬されている場合には一体一体に対する手続きが必要となる。

 これらを遺族(債務者)や債権者とは関係のない第三者がやろうとすれば更に大変なことになるだろう。

 近年に埋葬が発生した際に過去の遺骨が整頓されていた場合、律儀に全遺骨に対する手続きや申請が行われていた場合には、現行法との整合性が取れる状態に切り替えられていることもあるようだが、大半はよくわからない状況のまま放置され現在に至っている。

関連キーワード

コメント

8:匿名 2019年2月19日 18:33 | 返信

極左反原発弁護団は静岡県弁護士会と東京第1、第2で構成されてるんだろ?海自AIS回避潜水艦や海保も職権乱用極左革マル中核弁護団の武器か?

7:匿名 2019年2月19日 18:28 | 返信

火器管制レーダー不動産殺人が多い極左弁護団癒着警察署、海自海保だな?

6:匿名 2019年2月19日 18:27 | 返信

革マル系のFCS海保もとぶが火器管制レーダー攻撃やってるそうだな?立憲民主党系海保は警察署とも密に連絡取り合ってるそうだがまた火器管制レーダー不動産殺人か?

5:匿名 2019年2月17日 18:44 | 返信

浜岡原発永久停止訴訟おぎ原告弁護団らは海自海保による海洋上からのFCS火器管制レーダー攻撃に警察が介入出来ない事を承知で、不動産殺人やってるようだな?

4:匿名 2019年2月17日 18:40 | 返信

証拠になるスレは「頂き」と叫びながら削除する異常な極左の相続財産管理人中核派弁護団だそうだ、エキサイトスレも記事毎削除してるらしい

3:匿名 2019年2月17日 18:37 | 返信

極左中核派浜岡原発永久停止訴訟のおぎ法律事務所らが不動産目的で海自海保たくよう、てんよう等からFCS火器管制レーダー殺害してるらしいな?相続財産管理人にもなってるそうだ

2:匿名 2019年1月30日 19:53 | 返信

いつもなんか尻すぼみな記事

1:匿名 2019年1月30日 11:27 | 返信

「借りられたお金が不渡り」って、手形か小切手を切ってるのかよ
借金返済が滞ったって書けばいいのに、何にも知らないバカライターが浅い知識で書くからこういうボロが出ちゃうんだわ
この記事、意味なし

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。