奇習! 後妻に課された“連れ子の筆おろし” ― 「毛が生える前に…」北関東のエロすぎる再婚風習の実態

関連キーワード:

,

,

,

,

,

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】

奇習! 後妻に課された連れ子の筆おろし ― 「毛が生える前に…」北関東のエロすぎる再婚風習の実態の画像1
画像は「getty images」より引用

 山口美也子主演で1978年に公開された根岸吉太郎監督のロマンポルノ映画『オリオンの殺意より 情事の方程式』では、富裕な宝石商・須藤浩三(戸浦六宏)の後妻として嫁いだ若い女・麻子(山口)が、夫の連れ子である青年・敏彦(加納省吾)と、“いけない関係”を築き、後に彼が犯してしまう事件へと繋がっていく様が描かれているが、実は後妻として嫁いだ女性が、相手男性の連れ子である青少年と関係を持つという、この禁断の行為が、禁忌ではなく「義務」として行われていた事例が、かつて一部の地域では存在していたのだという。

「まあ、後妻っていうのは、“母親”ではなく“女”だからね。そういうことがないっていうのがむしろおかしいでしょ? そもそも生みの親じゃないんだから。だからね、後々になって“おかしいこと”が起きる前にさ、あらかじめ“そういうこと”を済ませておくっていう。そういう話みたいなんだよ」

 かつて北関東のとある地域に存在していたという、“再婚にまつわる奇習”についてそう語りはじめたのは、現在もなお、当地でキャベツ農家を営んでいるという、高橋幸吉さん(仮名・84)。彼の話によると、その昔、男児の連れ子がいる男性は、その再婚の際に、後妻としてもらう女性に対して、“ある行為”を行わせることが、自身の再婚にあたっての義務であったのだという。

「そうね、簡単に言ってしまえば、後妻として一緒に暮らしはじめるよりも前に、自分の息子と結びつけるっていう、そういう話。いやね、そうでもしておかないとさ、実際に同居してから、“おかしなこと”になりかねないでしょ? だからね、その前にまず、“そういうこと”を済ませておくっていう話なのよ」

人気連載

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

コロナ禍で一気に冷え込んだ日本経済。財布の紐はこれ以上ないほど固くなり、庶民は日...

2022.01.03 12:00異次元
神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2021.12.20 12:00異次元

奇習! 後妻に課された“連れ子の筆おろし” ― 「毛が生える前に…」北関東のエロすぎる再婚風習の実態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル