米軍最注目の超能力者インゴ・スワンのヤバみ! 体外離脱で遠隔透視、水星や木星に余裕で到達、20年ガチ実験…

米軍最注目の超能力者インゴ・スワンのヤバみ! 体外離脱で遠隔透視、水星や木星に余裕で到達、20年ガチ実験…の画像2画像は「Daily Grail」より引用

 スワンによるリモートビューイングは成功率が高く、再現性もよかった上、長期にわたって実験を成功させていた。これは他の被験者にはみられない特徴であり、ユニークな超心理学の被験者として彼は研究者の間でも有名になっていった。

 1973年、スワンは水星と木星のリモートビューイングに成功する。この際、彼は木星の周囲に存在する輪を報告しているのだが、当時はまだ木星の輪の存在は知られておらず、その存在を明らかにしたのは1979年のボイジャー1号による観測であった。スタンフォード研究所の科学者ラッセル・ターグとハロルド・パソフによれば、スワンの透視結果は後に行われた探査機での調査結果と非常によく一致していたという。

 スワンは1988年まで、SRIでパソフの研究に関わり続けた。彼の能力にはCIAや米軍も興味を示したといい、リモートビューイングによる諜報活動を研究したとされる。その中でも特に有名なのが、米陸軍が行った極秘計画スターゲートプロジェクトである。このプロジェクトにはかの有名な超能力者ジョー・マクモニーグルも参加しており、1995年まで行われた。スワンはここでソ連の核施設や原子力潜水艦などをリモートビューイングしたとされる。

 20世紀の偉大なる超能力者の一人インゴ・スワン。1970年代以降に出版された超心理学や超能力の本や論文で、スワンについて触れていないものはないとさえ言われるほどだ。スワンは2013年1月31日に惜しくも亡くなっているが、その偉業は今後も語り継がれるだろう。

(編集部)

参考:「Remote Viewing / Remote Perception」「Remote Viewd」ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ