米軍最注目の超能力者インゴ・スワンのヤバみ! 体外離脱で遠隔透視、水星や木星に余裕で到達、20年ガチ実験…

 かつてアメリカで、有名大学や軍までもが超能力を研究していたことはよく知られている。インゴ・スワン(1933~2013)は米軍やCIAの秘密計画に参加していた超能力者の一人で、透視能力を使って地球上のみならず、水星や木星までも透視する恐るべき能力の持ち主であった。

米軍最注目の超能力者インゴ・スワンのヤバみ! 体外離脱で遠隔透視、水星や木星に余裕で到達、20年ガチ実験…の画像1画像は「Remote Viewing / Remote Perception」より引用

■最強の透視能力者インゴ・スワン

 インゴ・スワンは1933年9月14日、米コロラド州に生まれた。米ユタ州のウェストミンスター大学で生物学と芸術学の学位を取得したのち、陸軍に入隊して韓国で3年間勤務、その後は国連事務局に勤務するかたわら、アーティストとしても活動していた。

 スワンには幼い頃から特殊な能力があったといい、体外離脱などもたびたび経験していた。1969年ごろから超心理学の実験に積極的に参加するようになり、その後20年以上、専門家の監視下で実験を繰り返すようになった。彼を評して「超心理学でもっとも実験されたモルモット」と表現する者さえいる。

 1970年代初頭、スワンはスタンフォード研究所(後のSRIインターナショナル)の実験に参加するようになる。この頃の経験によりスワンの能力に磨きがかかり、彼は体外離脱して遠く離れた場所に“行き”、その地形や建物などについて詳細なスケッチをつけることができた。いわゆるリモートビューイングの先駆けである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ