花粉症対策、日本人が知らない最後の手段4つ! ジントニック、赤い光、イラクサ…薬嫌いのための“ファイナルアンサー”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

■赤いライト

画像は「The Telegraph」より引用

 海外で人気のある花粉症対策グッズの一つに、赤い光で鼻の中を照らすというものがある。先端を鼻先に入れて本体のボタンを押すと鼻の中で赤いライトが点灯し、その光が体内で起きるヒスタミンの生成を減少させ、血液循環を良くし、炎症を抑えるのだという。

 いくつかのメーカーによる商品がネットなどで販売されており、日本でも入手することができる。メーカー側は「科学的に効果があると証明された」と謳っているが、検証が不十分という声も根強い。とはいえ、海外では実際に効果があった人も多く、最後の手段として試してみるのはありだろう。

■イラクサ

画像は「The Telegraph」より引用

 セイヨウイラクサは花粉症対策として人気のあるハーブだ。ある研究によると、イラクサティーは実験に参加した患者の過半数にアレルギー緩和効果があったという。イラクサには鉄分やビタミンC、カルシウムなどが豊富に含まれており、免疫システムを助ける働きがあるのだという。日本でもイラクサ、あるいはネトルという名前で茶葉や粉末を入れたカプセルが販売されている。

関連キーワード

コメント

4:トランプ大統領 2019年3月28日 01:01 | 返信

花粉症は大気が汚れているのが原因だと思う。
化学物質により花粉が破壊されて細かくなるらしく、症状を悪化させている。
恐らく中国の化学物質によるものだろう。
よって中国を破壊することは花粉症の症状を改善することでもあるので、中国を木っ端みじんに破壊しようと現在活動中である。戦争して経済活動が出来ないほどに壊滅させてやれば汚染物質も飛んでこなくなるはずだ。花粉症の症状を薬で抑えるなどバカげている。
時には戦争することも必要なのだ!不要な人類もいなくなって一石二鳥!
花粉症の症状は7年前くらいか?急に出始めたが、不思議と杉が植わっている山の方に行くと、全く症状がでないので花粉が時間をかけて飛んでくる都会だけの症状に思える。
花粉症など、この私が許さん!将来、この世界が私の物になった暁には人工的に植林した杉はすべて伐採して元の山林に戻す。もしくは、線香の原料となるだけの価値のない杉の木ではなく、価値の高い木を植えて花粉が出ないようにしてやるのだ!杉なんぞ勝手に植えようものなら、シュワルツェネッガー氏かスタローン氏そっくりのターミネーターが犯人を殺害するまで追いかけてジャッジするだろう。私の支配する世界に人権などない!杉の木を肛門から打ち込んでやる!

3:匿名 2019年3月27日 23:23 | 返信

東日本大震災の後、花粉症の症状が出なかった。夏も秋も、翌年の春も。
ネットで検索してみたら同じような人が沢山いた。
花粉アレルギーの症状は、緊張状態にあるときは表面化されにくいのだそうです。
そういわれてみれば仕事中に鼻ズルズルとか、ない。(薬は飲んでない)
ワキ汗かくくらい緊張しているのと、集中しているからなんだと思う。

2:匿名 2019年3月27日 17:26 | 返信

じゃばらを試してみます!w

1:匿名 2019年3月27日 09:33 | 返信

>花粉症対策、日本人が知らない最後の手段4つ!
ほうほう?
>言うまでもないが、ジンに花粉症対策の効果があるわけではない
は?何だよこの阿呆記事は…

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。