物質も心も存在しない、有るのは●●だけ! 数学さえ“人間の精神”から生まれた… 哲学「情報実在論」の矛盾と宇宙多重人格説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
物質も心も存在しない、有るのは●●だけ! 数学さえ人間の精神から生まれた… 哲学「情報実在論」の矛盾と宇宙多重人格説!の画像3
画像は「getty images」より引用

 

 だが、これでは情報は無意味な言葉遊びではないか? 哲学者でありコンピュータ科学者であるベルナルド・カストラップ氏は、情報実在論者は情報を曖昧模糊な定義に押し込めることで“反駁不可能”な概念にしてしまい、“意味”の問題から逃げていると批判している。

 カストラップ氏によると、そもそも情報という言葉が人間の作り出した概念である以上、それは明晰判明にその意味を特定することができるか、あるいは、概念化がうまくいかず意味を持つには曖昧すぎるままに留まっているかのどちらかだという。後者の場合、情報を究極的な実在とすることは馬鹿らしい話だ。

 とはいえ、情報実在論者が投げかけた問いの価値が失われるわけではない。物質の最小単位を突き詰めていくと、“エネルギー”や“場”といった得体の知れないものに行き着いてしまう。実際に感じられる物質の具体性や固さはどこに行ってしまったのだろうか?

 この難問に対しカストラップ博士はむしろ物理学が描く世界は我々の精神の中にあるものであり、世界そのものの姿ではないと答える。物理学的・数学的に描写したものが非精神的なものであると考えるところに情報実在論の問題があるというわけだ。そして、数字、集合、方程式は人間が生み出したものである以上、テグマークが考える「数学的な宇宙」も精神の産物であるとする。

物質も心も存在しない、有るのは●●だけ! 数学さえ人間の精神から生まれた… 哲学「情報実在論」の矛盾と宇宙多重人格説!の画像4
画像は「getty images」より引用

 そこでカストラップ博士が提唱するのが、宇宙はひとつの大きな意識であり、各人の自意識は宇宙意識が持つ別人格であるとする「宇宙の多重人格説」である。カストラップ博士は、解離性同一障害の症例から、個々人の自意識を解離性同一性障害の患者が持つ“それぞれの人格”と捉え、宇宙の統一された自意識をそういった人格を包含する患者の心と捉える。この考え方をカストラップ博士は「観念論」と呼んでいる。

 壮大な話であるが、1つの可能性として一考の価値はあるだろう。ちなみに、哲学の世界では、カストラップ博士とは反対に人間の精神に絶対に現れることのない“絶対者”や“非存在”の探究が流行している。今後、両者の間で議論が起これば、また一層面白くなるかもしれない。

文=編集部

コメント

6:匿名 2019年3月29日 04:48 | 返信

ん?
知ってたって記事に対してじゃないぞ
ラマナ・マハリシや
しかも知ってたと思ったけど、勘違いだった、知らなかったってことやで???
早とちり君かな?

5:匿名 2019年3月29日 04:09 | 返信

「知ってた」(小者感w)

4:匿名 2019年3月28日 03:40 | 返信

あ、知ってたわ、「自我の終焉」の人か、読んだこともあった、と思ったら違ってた(チラ裏)

3:匿名 2019年3月28日 00:53 | 返信

>>2
そのインドっぽい人は知らんけど
まぁこれ、実在とか存在の厳密な定義がないとだめじゃね
ホログラムとか影とかって、元(と考えられるもの)のほうが本体って言う理由って、
ホログラムとか影のほうを壊しても本体は壊れない、とかなのかな
片方でなんかしたらもう片方にも影響あるなら、どっちが本体とも言えないような
もしくは本体のほうがなんらかの形で持ってる情報量が多い、とかだろうか

2:匿名 2019年3月27日 23:36 | 返信

>> 1

そうだよね。
小難しく、まるでなにか新しい発想のように言ってるけど、
ラマナ・マハリシの「私は誰か」にも書いてあることだよね。

1:匿名 2019年3月27日 19:49 | 返信

それ要するに大日如来では

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。