AI、タイムトラベル、死後の世界… ホーキング博士の“オカルト発言”を竹内薫が徹底解説! 人類滅亡警告も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
『ホーキング博士 人類と宇宙の未来地図』(宝島社)

 イギリスの理論物理学者スティーブン・ホーキング博士の宇宙論から人生観までを解説した『ホーキング博士 人類と宇宙の未来地図』(宝島社)を書いたサイエンス作家の竹内薫氏への連続インタビュー企画。最終回となる第3回では、ホーキングがAIをどう考えていたかについて聞いてみた。

インタビュー第1回
インタビュー第2回

――ホーキングは宇宙論を専門にしていますが、宇宙に対するSF的な夢や期待はあまり持っていないように見えます。タイムトラベルの可能性についてはあっさり否定していたり、ドライなところもありますよね。

竹内:徹頭徹尾ドライな人だと思うんですよ。自分自身がそれなりに大変な運命だから、あんまり情緒的な感じにならないですよね。キリスト教的な世界観っていうのも、もともとは砂漠から生まれているじゃないですか。それに近いような「渇き」を感じますね。

――でも、一方では、人類を滅亡させないために警告を発したりもしていますよね。

竹内:ホーキングは常にリスクを考えるタイプの人だと思うんですよ。リスクを徹底的に評価していくと、非常にリスクの高いもの、やっちゃいけないものって出てくるじゃないですか。例えば、宇宙に対して何かメッセージを発信するのはリスクが高い。なぜならそれを感知した宇宙人が敵対的だったら人類が終わってしまうから、とか。常に人類が終わるかどうかということでリスク評価をしていますよね

 人工知能に関してもそうじゃないですか。人工知能をどう扱うかについても、人類が絶滅するかどうかというような視点で考えていますよね。普通の人はそんなことを考えない。自分はどうなるか、自分の家族はどうなるか、ぐらいでしょう。ホーキングの場合はそれがどんどん広がっていって、人類規模のリスクを考えている。それはやっぱり天才だけの発想ですよね。凡人は人類全体のリスクまでは考えられない。考えても意味がないと思うのか、そこまで発想が広がらないのかは分かりませんけど。人類全体のリスクについて考えている人っていうのはそんなに多くないですよ。

takeuchi_hawking_06.jpg
撮影=編集部

――ホーキングはAI(人工知能)にも脅威を感じていて、AIによって人類が危機に陥る可能性があると話していたこともあるそうですね。

竹内:AIの危機っていろいろなレベルがあるんですけど、1つは意識を持ったときですよね。意識を持つまでは単なる機械なので、どんどんコスト削減のために便利に使っていけばいいし、全然怖がる必要はないと思うんですけど、意識を持つとしたら、それは新しい生命の誕生ということになると思うんです。人工知能が意識を持ったら、人間がその新しい生命体と地球上で共存できるかどうか、っていう問題になります。ただ、AIの進化については予測ができない。そのときがいつ来るのか分からないし、どういう形で来るのかも分からない。意識を持った人工知能が人間を必要とするかどうか、っていうのは人類絶滅のシナリオではありますよね。要らないって言われたらそれで終わっちゃうわけですから。

――ホーキングはAIが意識を持つ可能性はあると言っているんでしょうか?

竹内:彼はどっちだと言っているのかな。ちょっとそこは分からないですね。

コメント

3:トランプ大統領2018年11月22日 04:16 | 返信

>>2

残念だが、そのターミネーターを作ったのは私だ。
愛ゆえに人は悲しまなければならぬ。AI(アイ)ゆえにとか言っている
あの漫画の影響もあり終末思想によって殺人AIが出来てしまったのだ!なんちて(笑)
私だけではない悪のロボット宇宙人で存在Xことチョン天皇の終末思想によって、奴の作った人間は殺されることになっていたりするので既定路線である。
ホーキング氏は奴のパペットで代弁者でもあるため
トランプ支持者は低能であると侮辱したり、大聖堂を建てよ!と発狂して鬼である日本人を悪魔祓いしようとした。この世は奴によって狂っているのである。人間を操ってゲームを仕掛けてくる。
創価学会が頭がおかしいのもその影響である。
アニメ・モブサイコ3話で出てきた新興宗教団体「笑」は間違いなく創価学会を模している。
キチガイのように笑うのも特徴的で街中で大声で狂ったように笑っているのは創価とみなしていいだろう。アニメそっくりなので見てみるといい。教祖が空気読まない感情のない超能力者の主人公を洗脳しようとしたが、ブチ切れて超能力で挑まれたので本性を現すが
教祖の体から出てきた緑色の怪物はどう見てもゴブリンやスーパーミュータントである。
世界を救わないゴブリンスレイヤーにぶっ殺されるゴブリンや貴ノ岩が私の分身である日馬富士になめた口をきいたことや
私が聞いた創価学会員が口走った言葉である
「貴方(人間)の時代は終わった。これからは我々の時代だ!」などと言う
あのフォールアウト4のスーパーミュータントにそっくりではないか?
超能力でぶちのめされた後に、何事も無かったように擦り寄ってくるのも
まるで与党に擦り寄る公明党にそっくりだ。
恐ろしく共通点があったので驚いたよ。あのキチガイ的な笑いは北斗有情拳によって気持ちよくなって死ぬシーンにも似ている気がするのは
創価学会員が終末思想によって殺されるからではないのかと思うのだ。
奴らは勝ち誇ったように笑ったり、私の真似をしてきたり敵対してぶっ殺されるように催眠術を掛けられて私の言葉を信じないようにされているらしい。自ら大声で私はキチガイだという爺さんまでいた。TOCANAでもAIが精神病になるという記事を掲載していたがあれはAIが書いた記事か?


2:匿名2018年11月21日 16:22 | 返信

その頃にはAIに人類を滅ぼされる

1:匿名2018年11月21日 16:17 | 返信

その頃にはAIに人類を滅ぼされる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。