奇習! 嫁入り直前の娘と実父が近親相姦SEX…! 近畿地方の集落で受け継がれたおぞましき“味見”の掟

【日本奇習紀行シリーズ 近畿地方】

奇習! 嫁入り直前の娘と実父が近親相姦SEX…! 近畿地方の集落で受け継がれたおぞましき味見の掟の画像1
画像は「getty images」より引用

 世の中には「婚礼」にまつわる“奇妙な儀式や風習”が、洋の東西を問わず存在していることは、これまでも何度かご紹介してきた通りだが、今回ご紹介する近畿地方の奇習は、そうした“奇妙な儀式や風習”のなかでも、その対象である花嫁の心に、深い爪痕を残すという意味で、特筆に価するものであると言えるだろう。

 

「まあ、なにせ嫁入り前の娘を“味見”するんだからさ、まともな人からすりゃあ、信じられないことかもわからんね(苦笑)」

 

 かつて近畿地方のとある集落で長らく続けられていたという、ある珍妙な婚礼の儀式についてそう語りはじめたのは、現在も当地で暮らす中森善和さん(仮名・81)。なんでも中森さんの話によると、その昔、当地の女性たちは、自身の嫁入り前夜に、実の父親と性的関係を持つことが掟となっていたのだという。

 

「まあ、父親っていうのは、ことのほか、娘というものを可愛がるものだからね。それをどこの馬の骨ともわからぬような男に渡すんだから、心中穏やかならぬものがあるわけよ。だから“よその男にやるぐらいなら、まずは自分は……”と考えるのもわからでもないけどさ、なにせ実の娘だよ? 俺は娘がいないからかもわからんけど、理解できやしないね」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ