「人類滅亡まで残り13年」マヤ歴で判明! 宇宙考古学の権威が断言「ケツァルコアトル=宇宙人が再来」

「人類滅亡まで残り13年」マヤ歴で判明! 宇宙考古学の権威が断言「ケツァルコアトル=宇宙人が再来」の画像1
画像は「Express」より引用

 紀元前3000年頃から16世紀末にスペイン人の侵攻により滅ぼされるまで、メキシコ南東部やグアテマラ一帯を中心に栄華を誇ったマヤ文明。古代資料の散逸からその全貌は今も謎のベールに包まれているが、その中でも最も現代人の関心を引いているのが“マヤ歴”だろう。

 マヤ歴は約5125年周期でくりかえす。2012年まではマヤ歴の第五の時代である「太陽の時代」というように、これまでの5つの時代はマヤ歴を刻んだ石版に記録されている。

 その石版によれば今から約5125年前、第四の時代を滅ぼしたのは洪水だという。そして、この時期に大洪水が起きて、それまでの文明を滅ぼしたという言い伝えは世界中に残されている。ノアの洪水だけでなくシュメール、バビロニア、ギリシア、中国、そして日本では沖縄に大津波と洪水の神話が伝承されている。

「人類滅亡まで残り13年」マヤ歴で判明! 宇宙考古学の権威が断言「ケツァルコアトル=宇宙人が再来」の画像2
画像は「getty images」より引用

 石版によれば第三の時代を滅ぼしたのは天から堕ちてきた火。これはちょうどヤンガードリアス彗星が衝突したことによる地球の寒冷化、つまり最終氷河期の始まりと時期を同じくしている。それ以前の火山の噴火による第二の時代の終わり、ジャガー(北米大陸の大型肉食動物の繁栄を示すのか?)による第一の時代の終わりも過去の歴史を考えるとそのような出来事が存在したのだろうと考えられる。

 そして現代では、マヤ歴の1つである長期暦が2012年の年末頃で区切られていることから、「2012年人類滅亡説」がまことしやかに唱えられた。ご存じのように、その予想は外れたが、これに異を唱える人物がいるのだ。

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

■2020年8月10日~16日運勢「今週の不幸を回避し、...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ