絶対ヤレる… かもしれない都内の超穴場デートスポットを暴露! 入場料たった100円で触れるディープな世界に村田らむも悶絶!

【絶対ヤレる……かもしれないデートスポット・博物館編01】

●たばこと塩の博物館

 ここのところ、年々たばこに対する締め付けが厳しくなっている。

 2020年4月1日(一部では2019年9月1日)から『東京都受動喫煙防止条例』が施行される。大学内の敷地内完全禁煙、会社の屋内原則禁煙など、ますます厳しい対応がとられるようになっていく。

 小池百合子が設立した『都民ファーストの会』では『受動喫煙のない東京へ 2020年タバコのない五輪へ 実現』とゴチック体でデカデカと書かれたポスターをそこらじゅうにペタペタ貼っている。

 僕は9年ほど前にタバコをやめたので、もはや「タバコを吸いたい!!」とも思わないし、また逆に
「タバコ吸ってるヤツラ煙い!!」とも思わないのだが、「めんどくせえヤツラがめんどくせえこと言ってんなあ」という感覚はある。

 ちなみに世界で最初に『反たばこ運動』をしたのは、ナチスドイツだそうである。バス内や公共の場での禁煙、たばこの値上げ、たばこの宣伝の禁止……など、とても時代を先取りした禁煙運動をしていた。

 小池のバアさんも、どうせだったら会の名前を『都民ファシズムの会』にすればよかったのにと思う。

 そんな時流とは、真逆の博物館がある。『たばこと塩の博物館』だ。日本専売公社が社のタバコ製造販売70周年を記念して創設し、現在は後継の日本たばこ産業が運営する博物館だ。

絶対ヤレる… かもしれない都内の超穴場デートスポットを暴露! 入場料たった100円で触れるディープな世界に村田らむも悶絶!の画像1

 場所は東京都墨田区にある。2013年までは渋谷区の渋谷公園通りにあった。すごい一等地に建っていたので、ちょっと田舎に引っ越したような気がしていたが、新しい場所はスカイツリーから目と鼻の距離だった。

 もともとは倉庫だった建物を改装してオープンしたそうだ。

絶対ヤレる… かもしれない都内の超穴場デートスポットを暴露! 入場料たった100円で触れるディープな世界に村田らむも悶絶!の画像2

 倉庫だったとは思えないほどキレイな建物で、1階のエントランスもとても広い。受付にはキレイな姉ちゃんが3人も座っている。近寄ると、「入場料100円になります」と笑顔で言われた。

 100円は安い!! 東京ディズニーランドの74分の1である。財布へのダメージが少ないのはありがたい。さすが日本たばこ産業、金持ってんなあ。

絶対ヤレる… かもしれない都内の超穴場デートスポットを暴露! 入場料たった100円で触れるディープな世界に村田らむも悶絶!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで