本当は怖い日本の節分!絶対に後ろを振り返ってはいけない‥‥

本当は怖い日本の節分!絶対に後ろを振り返ってはいけない‥‥の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 2月3日は節分だ。この日に豆をまいて鬼を払うという習慣は、何と900年前から続いているとされる説もあるという。皇室で行われていた「追儺」(ついな)という邪気払いの儀式が由来で、中国にゆかりがあるともいわれている。

 豆をまく以外の風習として広がっているのは恵方巻だ。その年の恵方を向いて巻き寿司丸ごとを頬張り、一言も発さずに黙々と食べるというこの習慣は、もともと関西の特に大阪で行われていた習慣とされている。由来には諸説あるが、色街の遊女たちに男性器に見立てた太巻きを食べさせる卑猥な遊びが元になったという説もある。そんないわくつきの風習も、1990年後半、コンビニ各社が恵方巻きを扱うようになったことから今や全国区となった。

 一方、日本各地を見渡せば、まだまだ節分に際して行われる地域限定の習わしも残っている。

 西日本一帯で今も受け継がれているのが「柊鰯」(ひいらぎいわし)だ。柊の葉がついた枝と焼いた鰯の頭をさした櫛を束ねたものを玄関や勝手口に打ち付け、柊の葉の棘と鰯の臭いで鬼を追い払うというものだ。

本当は怖い日本の節分!絶対に後ろを振り返ってはいけない‥‥の画像2
画像は「Getty Images」より引用

 柊鰯をはじめ、節分にユニークな風習が数多く残っているのが四国だ。「金玉の砂下ろし」もそうだ。名前こそたいそうだが、節分にこんにゃくを食べることを指している。かつて当地では、泥にまみれた農作業をしていると睾丸に砂が溜まると信じられており、それを節分にこんにゃくを食べることで排出しようというのが由来だ。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメント

1:トランプ大統領 2020年2月2日 16:09 | 返信

鬼はチョンや日本人なのに外に出したら人が居なくなってしまいそうだな。七福神にもなっているσ(゚∀゚ )オレは福と鬼両方やっているのでそもそも効かないのではないか?柊というのも氷の女王であるこの私の事かもしれんし、魚にも例えられるのだから鰯もσ(゚∀゚ )オレかな?大体、2月3日というのがチョンの勝手な話だから、バイオロボットの人間が全て敵である事は間違い無いだろう!お前らはそもそも日本人では無いので鬼に殺されるべきなのだ!桃太郎も鬼の仲間であるからして、鬼退治に地獄に行って、般若の面を付けた桃太郎侍に殺されてあの世に行け!必ず天国に行ける筈だ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。