道ですれ違ったら“挨拶代わり”にSEX! 老いも若きも、既婚未婚を問わずヤリまくり… 「娯楽がなかった」寒村の実態とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

道ですれ違ったら挨拶代わりにSEX! 老いも若きも、既婚未婚を問わずヤリまくり… 「娯楽がなかった」寒村の風習とは!?の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 とかく、男女が日々抱く劣情というものは思いのほか、激しいものとなりがちである。その凄まじい熱量は、時として奇妙な習慣を生んでしまうようだ。

 

「なにせもともと娯楽らしい娯楽がない田舎なもんでね。やることって言ったらそんなのしかないのよ(苦笑)」

 

 かつて西日本のとある寒村で行われていたという、“男と女の奇妙な習慣”についてそう語り始めたのは、当地で生まれ育ち、現在は九州北部の小都市で静かに余生を送る浜崎庄一さん(仮名・84)。浜崎さんの育った集落では、悶々とした男女の欲望を吐き出す術として、未婚・既婚の別なく、不特定の相手との肉体関係を黙認する習慣が存在していたという。

 

「もともと“そっち方面”におおらかな土地柄っていうのもあると思うけど、昔、あのあたりじゃ、男女でナニするのをまるで挨拶でもするかのようにやっていてね。それこそ道ですれ違ってそのまま……とか、味噌や醤油を借りに行ったついでに……だなんてことが当たり前だったんだよ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ