「ステイホーム」期間、暇をもてあそぶ兄弟姉妹が興じた近親相姦セックス! 雪国“冬の性的娯楽”の実態とは?

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】

「ステイホーム」期間、暇をもてあそぶ兄弟姉妹が興じた近親相姦セックス! 雪国冬の性的娯楽の実態とは?の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 今年は新型コロナウイルスが中国で爆発的に流行し、その後、我が国をはじめ、世界各国でも同ウイルスが猛威を振ったこともあって、春の行楽シーズンはもちろんのこと、その後も多くの人々が外出自粛状態となり、予期せぬ自宅待機生活を余儀なくされたが、逆にそうした“おうちタイム”を楽しむ動きも、各方面で広がりを見せることとなった。しかし、そうした自宅待機中の娯楽については、にわかに信じがたいものも数多く存在するようだ。

 

「なにせこのあたりは、冬になるとほとんど外に出られんもんでね。娯楽って言ったって、どうしても家の中でやれることだけになっちまうんだよ」

 

 雪国特有の“冬の娯楽”についてそう語りはじめたのは、日本海側のとある豪雪地帯で生まれ育ち、現在もなお、細々と農業を続けている江藤庄吉さん(仮名・88)。江藤さんの話によれば、その昔、当地で暮らす人々たちは、雪で閉ざされた冬の期間、ただひたすらに“家庭内セックス”を楽しむことで、退屈をしのいでいたのだという。

 

「まあ、夫婦者は相手とナニするわけだけどもね、昔は家族が多くてね。嫁に行ってない娘だとか、嫁が来ない息子だとかってのも、いたわけ。そういう連中はね、ナニをしようにもさ、相手がおらんもんだからね、自分で慰めるだけじゃなくてね、兄弟姉妹でね、そういうことをしていたもんなんだよ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ