ペニスをどこまでも長く、まっすぐに… 東北の寒村で行われていた日本的陰茎増大術とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

ペニスをどこまでも長く、まっすぐに… 東北の寒村で行われていた日本的陰茎増大術とは!?の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 現代でも多くの美容整形クリニックが、ド派手な広告を打っていることからもわかるように、多くの男性にとって、自身のペニスの長さや形、大きさなどは、女性にとってのバストと同じかそれ以上に、コンプレックスを抱いたり、強い関心をよせがちなものである。しかしそうした執着とも言うべき独特な想いは、時として、おかしな習慣を生んでしまうようだ。

 

「まあ、今じゃさすがに誰もやりゃしないけども、昔はみんなそうしてたんだよ。なにせ男にとっちゃ死活問題だからね」

 

 かつて東北地方のとある山間の寒村で行われていたという、男性の“成長”を促す珍妙な習慣についてそう語りはじめたのは、現在も当地で農業を営んでいる菅田直哉さん(仮名・87)。菅田さんの話によれば、当地で生まれ育った男性は、その少年期より、ペニスに竹筒を装着することで、ペニスを長く成長させることができると信じていたのだという。

 

「個人差はあるけどもね、だいたい10歳ぐらいからだね、筒を使うのは。最初は人差し指くらいの長さのやつから始めてね、“中身”が長くなってきたら、それに合わせて長い筒にしていくの」

 

 話だけ聞いていると、まるでどこぞの首長族の首輪のような話だが、たしかに少年時代からこうした行為を行い続ければ、ペニスが長く、まっすぐに成長していくように思えてくる。しかし、こうした器具を用いた強制と成長は、なにかにつけて不便なものでもあるのだという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ