年に一度、村中の物陰で乱交SEXしまくる老若男女たち…! 卑猥すぎる七夕祭りの実態を暴露!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

年に一度、村中の物陰で乱交SEXしまくる老若男女たち…! 卑猥すぎる七夕祭りの実態を暴露!の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 毎年7月7日の七夕には、織姫と彦星の恋になぞらえる形で、ロマンティックな一夜を過ごすカップルたちも少なくない。それは今も昔も変わらないが、そうした中で、なんとも破廉恥な行為に勤しむ男女も、少なからず存在しているようだ。

 

「まぁ、年に一度の無礼講のようなもんだって言ってしまえばそれまでなんだけどね。とにかくみんな血走ってて怖いぐらいだったよ」

 

 かつて東北地方のとある山深い集落で行われていたという、“風変わりな七夕の催し”についてそう語り始めたのは、当地で生まれ育ち、今なお静かな余生を送る元養蜂家・高橋庄吉さん(仮名・88)。高橋さんの話によれば、その昔、当地の人々は乱交パーティーじみた宴を、七夕の催しとして毎年執り行っていたのだという。

 

「昔は夫婦になるのも自由にはいかなかったから、もともとは“許されざる男女”たちが自由に逢瀬を重ねる機会として始まったのだと思うけど、それがどういうわけか男も女も入り乱れての気違い沙汰の祭りになっちゃってね。それこそ老若男女問わず、村人みんなが集まってナニするだけの祭りになってたよ。七夕の日になるとね、それはもう凄い騒ぎでさ、それこそ村中の物陰という物陰は全部ナニのために使う有り様。そこらへんの草むらでも、隣近所の軒先でもおかしな声が聞こえるほどだったね」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ