覗き魔&露出狂の劣情を満たす「暗黙のルール」とは!? 関東の漁村で継承された男女の“淫らなプレイ”の実態暴露

【日本奇習紀行シリーズ 南関東】

覗き魔&露出狂の劣情を満たす「暗黙のルール」とは!? 関東の漁村で継承された男女の淫らなプレイの実態暴露の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 世の中には実に不思議な趣味嗜好を持った人がいるもので、彼らはたとえ世間の大多数には受け入れられなくとも、それを何ら意に介さずに、良くも悪くも自身の思うがままに、行動するようだ。

 

「私が住んでいたのは若い頃までのことでしたので、その後、どうなったのかはわかりませんが……」

 

 かつて南関東のとある海沿いの地域で行われていたという実に奇妙な習慣についてそう語り始めたのは、当地で生まれ育ち、現在は故郷から遠く離れたカナダのバンクーバー郊外で雑貨店を営んでいる田中路雄さん(仮名・86)。田中さんの話によると、彼が生まれ育った海沿いの小さな村では、スキモノの男と女が日々奇妙な“遊び”に興じていたという。

 

「今はどうだか知りませんが、昔、あのあたりは男も女も海に出ていましてね。女は潜り専門ですから、大抵は女の方が先に上がって、風呂を浴びたりするんです。その風呂場がですね、共同浴場なんですが、それを男たちが覗くと。そういう話です」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ