「専門家が一押しするUFO映像」が迫力満点! 衛星の傍に“超巨大なベル型UFO”がはっきり!

 現在、日本人宇宙飛行士の野口聡一さんが滞在している国際宇宙ステーション(ISS)は、UFOが頻繁に出没することでも知られている。今回ご紹介するのは2018年に現れやベル型UFOだ。

 UFO探求ブログ「UFO Sightings Daily」を運営する世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏は、「この映像が大好き」だと語っているが、同映像には一瞬、ISSの真横に巨大なベル型UFOが映っているのだ。

 ISSと同サイズのこの巨大物体は一体なんなのだろうか? ベル型UFOといえば、ナチスが開発していたとされる「ディグロッケ(Die Glocke)」が有名だ。ロズウェルに墜落したのも実はこのナチス製UFOだという話もある。

 しかし、ディグロッケはせいぜい全長3mほどだったとされるから、ISSに現れた物体とは大きくサイズが異なる。あるいは当時の技術が改良され、サイズアップに成功したのだろうか。

画像は「UFO Sightings Daily」より
画像は「UFO Sightings Daily」より

 一方、ISSの搭載されている腕である「カナダアーム」ではないかとの指摘もあるそうだが、形状がかなり異なるため、ウェアリング氏はその可能性は低いと見積もっているという。

 一体この物体は何なのだろうか? いつものようにNASAからは公式の発表はないが……。今後の有力情報に期待したい。

参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「専門家が一押しするUFO映像」が迫力満点! 衛星の傍に“超巨大なベル型UFO”がはっきり!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル