妻に先立たれたオッサンが速攻で少女と…! 北関東に実在した特殊すぎる“強制再婚のしきたり”を取材!

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】

妻に先立たれたオッサンが速攻で少女と…! 北関東に実在した特殊すぎる強制再婚のしきたりを取材!の画像1
「ゲッティ」から引用

  どんなに愛し合っている夫婦でも、いつかは死別という形で離れるもの。その際に味わう悲しみや喪失感は、生前の関係によって大きく変わってくるが、遺された側は、大なり小なり精神的なダメージを負うものである。しかし世の中には、そうした死別による“ロス”に浸る間もなく、別のパートナーとの再婚を“しきたり”として行わっていたケースもあるという。

 

「そうね、ここいらじゃ昔はそうやって次から次へと再婚したものだよ」

 

 かつて北関東のとある農村地帯を中心に行われていたという、一風変わった再婚についてそう語るのは、当地で生まれ育ち、現在もトマト農家を営んでいる内藤成吉さん(仮名・82)。なんでも内藤さんの話によると、その昔、当地で暮らす家庭においては、妻が他界し、その女性に未婚の姉妹がいる場合に限り、強制的にその女性と再婚させられるのが当たり前とされていたのだという。

 

「そう、死んだ嫁の姉さんとか妹なんかと再婚させられるのよ。さすがにもう嫁いでいる姉妹を連れ戻して再婚させるようなことはなかったけど、未婚なら歳はいくつでも再婚。昔は兄弟姉妹が多かったからさ、四十路男と年端もいかん義理の妹が再婚するなんてことはザラにあったね」

 

妻に先立たれたオッサンが速攻で少女と…! 北関東に実在した特殊すぎる強制再婚のしきたりを取材!の画像2
「ゲッティ」から引用

 無論、そうは言っても未成年が結婚することはできない。そのため、形式的にはすぐに再婚となるものの、正式な届け出は成年となってからという形をとっていたという。しかし、そもそもなぜ、当地ではこのような強引な形での再婚が行われていたというのか。

 

「やっぱり一番は、嫁さんに先立たれて寂しくなった男を慰めようっていうのが大きいだろうけども、昔、このあたりは嫁に出した娘や養子に出した息子が早死にすると、恥だのなんだの言ってね。体面を保つために“代わり”を用意するっていう考えもあったんじゃないかな」

 

 無論、今となっては、なぜ当地だけでこのような不可思議な再婚システムが“しきたり”として行われていたのかは知る由もないが、いずれにしかり、早死にした姉妹の“代わり”として、自分の意志に関係なく、義兄弟と再婚させられていた女性たちの胸中を思うと、なんともやるせない話である。

関連キーワード:, , , , , ,

文=戸叶和男

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

妻に先立たれたオッサンが速攻で少女と…! 北関東に実在した特殊すぎる“強制再婚のしきたり”を取材!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル