カバルダ・バルカル共和国で発見された「小人のダンジョン」とは? 不可解な地下構造物とピラミッド

関連キーワード:

,

,

,

 ホビットは実在するのか――。カバルダ・バルカル共和国で発見された謎のダンジョンは小さな人々の住居だったのだろうか。

地下にダンジョンを掘って生き延びた“小さな人々”

 中央アジア、コーカサス地方などにおいて“白髭の賢者”として長らくコミュニティーのリーダーであり長老であった「アクサカル(aksakal)」の伝承によれば、ホビットやドワーフような小型のヒューマノイドである「ハーフリング」が地底に住んでおり、時折地上に姿を現すことが語られている。

カバルダ・バルカル共和国で発見された「小人のダンジョン」とは? 不可解な地下構造物とピラミッドの画像1
ドワーフ 画像は「Wikipedia」より

 彼らの身長は120センチ未満で、服の代わりに粘土や泥で皮膚を覆うことを好み、手にはいつも棒か小さな提灯を持っている。

 この地下の住人は、コミュニケーションにおいて笛や口笛を吹くと共に、独自の言語を持っている。地下深部の神秘的な住民であるハーフリングにはめったに遭遇することはないが、それでも極まれに、地下に戻ることができずに地上で行き倒れたハーフリングが発見されることがある。人々は彼らに牛乳や肉を与え、怪我をしていた場合は治療をして助けていた。

 アクサカルの伝承によれば約3000~4000年前、山には巨人族、ハーフリング、そして普通の人間が共存して暮らしていた。しかしさまざまな戦争の過程で人間が強大な権力を持ちはじめ、不幸なことに巨人族は滅ぼされた。

 その一方でハーフリングたちは地下にダンジョンを掘り進め、追い詰められた巨人族をよそに、コーカサスの山々に築いたダンジョンに避難したのである。

 第二次世界大戦中、侵攻したドイツ軍はこのエリアの地下に洞窟のネットワークがあることに気づいた。普通の人間にとって通路は狭く、各所で通路を広げようとダイナマイトを爆破させたのだが、思惑に反し瓦礫で通路が塞がれてしまい奥には進めなくなってしまった。

 戦後になってからは、さまざまな探検家や研究者がダンジョンを探索しようと試みた。洞窟探検家の中には数十メートル先まで進むことができた者もいたが、残念ながらどう工夫してもそれ以上先に進むことはできなかった。

 1990年代に地元の研究者、アルツール・ツェムコフ氏は、大規模に階層化しカバルダ・バルカル共和国の山間の地下にあるダンジョンの構造を計算した。どのダンジョンにも垂直に伸びる通路があり、そこから狭いまっすぐな通路がさまざまな方向に延びていた。

 調査は困難を極めたが、ツェムコフ氏は志を同じくする人々と一緒に地道に調査を続け、160メートルの深さにある広い空間に到達することができた。

 そのスペースには高さ約8メートルの小さなピラミッドがあり、壁の60~70センチの高さの場所には小さな穴が数百個あった。またピラミッドの近くには水路があり水が流れていた。

 水があれば確かにここで生活することは可能なのかもしれない。いったい誰が、何の目的でこのようなダンジョンを作ったのか。その後、残念ながらこのダンジョンの通路で崩壊が起こり、再びこのスペースに入ることはできなくなったという。

カバルダ・バルカル共和国で発見された「小人のダンジョン」とは? 不可解な地下構造物とピラミッドの画像2
「Anomalien.com」の記事より

ダンジョンの謎は未解決のまま置き去りに

 その一方でバディム・チェルノブロフ氏が率いる探検チームによってもいくつかのダンジョンが発見され、そのうちの1つは入口を広げることができた。

 ダンジョンの入口から降下する試みは2012年から2015年にかけて3回行われた。ダンジョンの壁は完全に平らであることがわかり、ところどころのコーナーで90度の角度が保たれていることから、明らかに人工的に作られたものであることがわかった。

 しかし謎は、このような構造を作り上げるには多くの人手が必要とされるであろうことと、現代のテクノロジーを持ってしてもこのような複雑な通路を掘り進めるのはきわめて難しいことであった。

 そして通路が狭すぎるのも不可解である。場所によっては垂直の通路の幅が2~3メートルあるところもあるが、25~30センチほどしかない部分もある。枝分かれしている通路の直径はどれも35~40センチメートルほどで、内壁は滑らかだった。

カバルダ・バルカル共和国で発見された「小人のダンジョン」とは? 不可解な地下構造物とピラミッドの画像3
「Anomalien.com」の記事より

 人間の身体ではダンジョンの奥深くまでは入ることができないことが明らかになり、カメラ付きのロボットが投入されることになったが、そこから少し先の通路は扉が閉ざされていた。計算ではまだまだ先にダンジョンが延びていることが推測できたが、残念ながらその先をうかがい知ることはできなかった。

 アクサカルの伝承を信じている人々は、このダンジョンはハーフリングの街であると確信しているという。しかしチェルノブロフ氏自身は、この構造物は住宅施設ではなく、地下工場のようなものではないかと考えていたということだ。

 ツェムコフ氏とチェルノブロフ氏というこの探索における2人のパイオニアはどちらも故人となってしまい、ダンジョンの謎は未解決のまま置き去りになった。

 科学界からはこのダンジョンは古代にここにあった地下水脈の痕跡であり、自然に形成されたものであるという見解も出てきているようだ。昨今は探索ロボットの性能も格段に向上していることもあり、再び調査と探索が再開されることを期待したい。

参考:「Anomalien.com」ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじ
場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji
ブログ「仲田しんじの特選あーてぃくるず」 nakatashinji.com

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

カバルダ・バルカル共和国で発見された「小人のダンジョン」とは? 不可解な地下構造物とピラミッドのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング更新

トカナ TOCANA公式チャンネル