子宮筋腫の治療により“鎮痛剤中毒”になった後、連続殺人犯となったアメリカの「死刑囚のおばちゃん」

 見た目は普通の“おばちゃん”が実は6人を殺害していたというショッキングな事件がかつて起きている。不可解な連続殺人の動機とは? そこには不遇の境遇に加えて大量に服用していた薬物の影響があった――。

■子宮摘出手術後に周囲に不審死が続く

 アメリカで死刑制度が1976年に復活し、最初に処刑された女性となったヴェルマ・バーフィールド(1932-1984)は6件の殺人が発覚してから「死刑囚のおばちゃん」として一躍悪名を轟かせた。見た目は一見して普通の“おばちゃん”が気づかれぬよう周囲の人物の命を奪っていたのである。

 ヴェルマ・バーフィールドはノースカロライナ州イーストオーバーで生まれ、フェイエットビル近郊で育った。バーフィールドの父親は彼女に身体的虐待を行っていたと伝えられているが、母親のリリアン・ブラードは一貫して見て見ぬふりを続けていたという。

 彼女は1949年にトーマス・バークと結婚して父親の束縛から逃れることができた。2人の子供を授かり、その後に子宮摘出手術を受けるまでは幸せだったと伝えられている。

 子宮筋腫の治療による子宮摘出手術の後、痛みが引かずに大量の鎮痛剤を処方され、それが彼女の性格に劇的な変化を引き起こしたと考えられている。彼女はまるで父親のようにすぐに癇癪を起こすようになったという。

「Daily Star」の記事より

 バーフィールドの連続殺人事件に取り組んだポッドキャスターのジョシュ・トーマス氏は「彼女は後に『自分の神経にどう対処すればいいのか分からなかった』と書いている。彼女は幼い頃から何かに動揺すると緊張して恐怖に襲われる性質で、子宮摘出術の後、すべてがさらに悪化しました」と説明する。

「子宮摘出手術はホルモンを劇的に変える可能性があり、当時はホルモン治療は一般的ではなく、セラピーやカウンセリングも一般的な選択肢ではありませんでした。そのため、社会的、精神的、または感情的なはけ口がなかったため、彼女は自分の感情を溜め込み始め、父親のように感情を爆発させるようになりました」(ジョシュ・トーマス氏)

 その後、バーフィールドは精神にも支障をきたし、鎮痛剤に加えて向精神薬のリブリウムが処方され服用するようになった。さらには酒や麻薬も常習するようになっていったという。

 結婚当初は幸せな夫妻であったが、この頃には夫のトーマスは酒浸りになっており、酔った末の寝タバコで家を全焼させると共に本人も命を落としてしまった。

 トーマスの死からわずか1年後の1970年、バーフィールドはジェニングスという男性と結婚した。しかしその結婚から1年もしないうちに、ジェニングスは心臓疾患で急逝してしまう。あまりにも急で不自然な死であった。

「Daily Star」の記事より

■計画的な連続毒殺事件

 これを皮切りに、彼女の周囲で不審な死が続くことになる。

 ジェニングスの母親であるリリアン・ブラードが中毒の症状を示し、いったんは回復したのだが、1974年に2度目の発作により死亡したのだ。

 1976年からバーフィールドは高齢者介護の仕事に就いたのだが、彼女が最初に世話をした夫婦、モンゴメリーとドリー・エドワーズは彼女が介護を担当して数カ月で亡くなった。

 その後、バーフィールドは被害者のドリー・エドワーズの親戚であるスチュアート・テイラーと付き合い始め、彼が飲むビールにヒ素ベースの殺鼠剤を混入して毒殺した。

 彼女は麻薬を買う金を得るために彼から盗みを働いたり、小切手を不当に使ったりしていたが、彼の死後、息子のロニー・バークに「私は彼を(殺すつもりではなく)病気にするつもりだった」と語っている。

 母親の身の回りで起きている不審死についての真実を知った息子のバークは悩んだ末に警察に通報した。バーフィールドはテイラー殺害の容疑で逮捕された。彼女は有罪判決を受けた後に、ほかの5件の犯行を自白したのだった。

「Daily Star」の記事より

 こうしてバーフィールドは1976年に死刑が復活したアメリカではじめての女性死刑囚となり、ノースカロライナ州では唯一の女性死刑囚となり、薬物注射による死刑が執行された最初の女性死刑囚となった。

 最後の食事としてチーズスナック菓子とコカ・コーラを選んで口にした後、バーフィールドは次のような最終声明を発表した。

「家族全員がつながっていて、誰もが多くの痛みを経験していることを知っています。そして申し訳なく思っています。そして、この6年間私をサポートしてくれたすべての人に感謝したいと思います」

 普通の“おばちゃん”の見た目とこれらの計画的な連続殺人との間のギャップには驚かされるが、それだけに薬物の影響が大きかったということにもなるだろう。一部からは精神疾患の可能性も指摘されたのだが、いずれも毒物による計画的な犯行であっただけにあまり説得力を持たなかったようだ。父親からの虐待の影響もありそうだが、かといって無関係の他者の命を奪っていいわけがない。その意味ではバーフィールドはあまりにも残念で哀しいシリアルキラーである。

参考:「Daily Star」、「Wikipedia」ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

子宮筋腫の治療により“鎮痛剤中毒”になった後、連続殺人犯となったアメリカの「死刑囚のおばちゃん」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル