精神疾患のある受刑者が“オレンジの皮”で自殺! 遺族が刑務所の注意義務違反を訴える=米

画像は、「ItemFix」より

 2024年3月21日、米カリフォルニア州のオレンジ郡地方検事局は、精神疾患のある男性受刑者、ショーン・ホワイティングさん(当時35)が同郡刑務所内で自殺した件について、刑務所職員に過失はなかったと結論づけた。

 ショーンさんは、『南カリフォルニア・ニュース・グループ(SCNG)』の元コラムニスト、デビッド・ホワイティングさんの息子だ。デビッドさんは、刑務所内の監視をより厳重にすべきだったとして、2023年12月22日に不法死亡訴訟を提起していた。

オレンジの皮を喉に押し込んで自殺した男

画像は、「ItemFix」より

 ショーンさんが自殺する瞬間を捉えた監視カメラ映像が、海外の動画共有サイト「ItemFix」などで公開され、ネット上で話題となっている。動画に挿入された解説に沿って事件の経緯を紹介しよう。

 2022年12月23日午前11時53分、精神鑑定後のショーンさんが精神病棟の独房に戻された。午前3時13分、ショーンさんが袋入りの食事からオレンジを取り出し、便器の隣にある壁の後ろに移動した。オレンジを食べ、さらにオレンジの皮を喉に押し込んだようだ。正面のガラス窓の前に戻って来た後、仰向けになってもがき苦しみ始めた。

 午後3時20分頃、ショーンさんはオレンジの皮の一部を吐き出し、不可解な動きをしている。正面ガラスに衝突して仰向けに倒れた。数秒後、刑務所の医療スタッフがショーンさんの様子を確認するために呼びかけた。

 午後3時21分頃、職員らが監房に到着し、床に横たわったショーンさんを目撃した。 職員らは自分たちだけで独房に入るのは安全ではないと考えて助けを求めた。午後3時22分頃、職員らはショーンさんにハイムリッヒ法(窒息時の対応法)を実施した。ショーンさんが意識を失った後は、自動体外式除細動器(AED)や心肺蘇生法(CPR)などの救命活動が始まり、オレンジ郡消防局 (OCFA) が到着するまで継続されました。

 午後3時33分頃、OCFAの救急隊員が現場に到着し、ショーンさんの救助活動を行った後、地元の病院に搬送された。しかし、ショーンさんは病院で死亡が確認された。

ホームレスになりたくなくて自殺をはかったか?

画像は、「ItemFix」より

 デビットさんは訴訟で、息子は刑務所の精神科病棟に入院すべきだったが、法廷審理の結果、一般の独房に入院させられたと主張した。訴状には、「重度の精神疾患を抱えた自殺願望のある受刑者を一般の独房に収容し、おやつとしてオレンジを与えるという同局の決定は言語道断であり、重過失である」と記載されていた。

 ショーンさんには精神疾患の病歴があり、精神鑑定のために入院していた。重度の不眠症で何日も眠れず、幻覚が現れるほどだった。彼は注意欠陥障害および不安障害と診断され、うつ病を患っていた。また、ショーンさんは母親のスーザン・アン・スミスさんと同居していたが、スーザンさんへの暴言や暴力が激しくなった。スーザンさんは、ショーンさんに精神科での治療を勧め、家賃と治療費を支払うから家から出て行くよう言った。しかし、ショーンさんはそれを拒否し、「路上生活をするくらいなら自殺する」と言ったという。スミスさんはショーンさんが家から出ようとしなかったため、接近禁止命令を取得した。

 ショーンさんは一旦家を出たが、裁判所の命令に違反して戻ってきたため逮捕された。法廷審理が終わるまで精神病棟に入院していたが、釈放の日が迫っていた。そのため、帰る場所がなく、ホームレスになる可能性があることを恐れ、独房内で自殺をはかったのではないかとデビットさんは考える。

刑務所に注意義務違反はなかったのか?

画像は、「ItemFix」より

 オレンジ郡地方検事局は、同郡刑務所は「ホワイティング氏に対する注意義務を負っていたが、証拠によって、この義務が意図的に、あるいは刑事上の過失によって何らかの形で違反されたという認定を裏付けるものではない」と結論づけた。

 デビッドさんの弁護士は、刑務所職員がショーンさんを適切に監視せず、袋入りの食事からオレンジを大量に手に入れることを許可していたと主張した。また、職員らは定期的にショーンさんが出したゴミを回収すべきだったと付け加える。

 デビッドさんは「私はショーン、そして特にオレンジ郡刑務所で子供が命を落とした可能性のある他の家族に正義が与えられることを願っています。このようなことをする人は、正しい精神状態にあることはほとんどありません」と述べた。

 ショーンさんは、2022年にオレンジ郡刑務所内で死亡した受刑者の12人目だ。オレンジ郡大陪審はかつて、刑務所の職員や医療スタッフが受刑者の健康問題にもっと注意を払っていれば、刑務所での死亡のほぼ半数は回避できたであろうとの結論を下し、刑務所から「受刑者が生きて出られなくなる」可能性が高まっていると述べた。

 デビッドさんが息子の死に対して声を上げたことで世論が動き、刑務所内での受刑者の健康管理が見直されるかもしれない。刑務所の環境改善が求められている。

動画は、「ItemFix」より


参考:「Whittier Daily News」、「Orange County Register」、ほか

関連キーワード:, ,

文=標葉実則

タヒねばいいのに → しねはみのり → 標葉実則。エログロオカルトを得意とするライター。世界中の猟奇事件、奇病、フェチ、カルト宗教、オカルト、都市伝説、陰謀論などのアングラ情報を蒐集して文章化します。
・ ツイッター @Minori_Shineha
・ 忘備録「タヒネバ」 https://tahineba.com

標葉実則の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

精神疾患のある受刑者が“オレンジの皮”で自殺! 遺族が刑務所の注意義務違反を訴える=米のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?