地球にいる“7種のエイリアン”の邪悪な意図とは!?記憶改変、強制手術… 2000件のアブダクション事件を捜査した元CIAが警鐘

 元CIA諜報員でエイリアン研究者のデレル・シムズ氏が我々のエイリアン観が牧歌的に過ぎると警鐘を鳴らしている。エイリアンには絶対に近づくべきではなく、そもそもエイリアンは人間を利用しようとしている邪悪な存在であるというのだ。

イメージ画像 Created with DALL·E

■エイリアンは悪意を持っている可能性が高い

 これまでに2000件ものエイリアン“アブダクション”事件を扱い、自身もアブダクション体験を持つ元CIA諜報員のデレル・シムズ氏がYouTubeチャンネル「UAMN TV」のインタビューに応じている。シムズ氏によれば、エイリアンは友好的であるよりも悪意を持っている可能性が高く、エイリアンと接触することはきわめて危険であると説明している。

「エイリアンとの接触において肯定的な経験をしている場合、それは当人がエリアンのプログラムを受け入れたことを意味しています」(デレル・シムズ氏)

 つまりポジティブなアブダクション体験を持つ者は、エイリアンに利用されていたのだということになる。場合によっては記憶の有無にかかわらず、肉体に何らかの処置を施された可能性もあり得るのだ。

「あなたは畏敬の念を感じるでしょう。そしてエイリアンは地球とそのかけがえのないすべてのものを助けるためにここにいるのだと感じるでしょうが、彼らはそんなことをこれまで一度もしたことがありません」(デレル・シムズ氏)

 エイリアンとの接触において、それが素晴らしい体験であったと話す人々は、シムズ氏に言わせればまんまと一杯食わされているということになる。

「その一方で、エイリアン・アブダクティーと呼ばれる別のグループがあり、彼らは自分たちの意志なしに誘拐されたり連れて行かれたりしたと感じています。これらの人々はしばしば出来事の一部、時には全てを覚えていて、体験したことを好ましく思っていません」(デレル・シムズ氏)

 シムズ氏はエイリアンと接触しようとしているのは無知な人々だけだと語る。

「(エイリアンとの接触により)一部の人は結果的に亡くなり、またある人々は負傷しています。エイリアンは人間より賢く、人間を操作することができるのです」(デレル・シムズ氏)

 シムズ氏は一般の人々が考えているよりもエイリアン“アブダクティー”の数はずっと多く全世界で数百万人にまで達する規模であると推定している。その大部分は知られることなく、世界中でエイリアン・アブダクションが頻繁に発生しているのだとすれば不気味な限りである。

イメージ画像 Created with DALL·E

■「地球上には7種類のエイリアンがやってきている」

 シムズ氏はこの40年もの間、世界中で2000件のアブダクション事件を扱っており、その過程で何万人もの人々から話を聞いているということだ。

「私が会った女性の1人は、ヘソから胸にかけて手術跡がありました。しかしその女性は『私はこれまで一度も手術を受けたことはありません』と訴えたのです」(デレル・シムズ氏)

 しかし手術跡があるのは事実であり、シムズ氏は女性に「憶えていないのではないですか」と聞き返したという。つまりエイリアンによって記憶を消されている可能性を指摘したのだ。

 そしてシムズ氏自身、4歳の時にアブダクション体験をしている。

「その存在は私の部屋にいて、壁に向かって歩いていくもののように思えました。『何だあれは?』と思いました。私はそれが壁の中に入っていくのだろうと思いましたが、それは壁を通り抜けたのです」(デレル・シムズ氏)

 その存在との間には一切の会話もなければコミュニケーションもなかったということだ。エイリアンの腕と脚は華奢で細長く、胴体も首も細かったという。頭部はディアドロップを逆さにしたような形状であった。

 そしてこのエイリアンはシムズ氏の記憶を変えようとしたことがわかったという。エイリアンはシムズ氏がピエロを見たことにしようとし、この接触とアブダクションを思い出せないようにと思考の中に介入してきたのだということだ。

 シムズ氏によれば地球上には7種類のエイリアンがやってきているという。その7種類とはグレイ型、低身長型、“ドクター”と呼ばれる高身長型、レプティリアン型、カマキリ型、“ノルディック”と呼ばれる人間型、ビッグフット型であるという。

「私の見解では、この7つの種族すべてが本当のエイリアンではありません。この惑星のDNAを使いバイオテクノロジーで作ったものや、あるいはクローンもいます。いずれにしても我々は目隠しをされているようなもので、本当に知りたい真実を知ることはありません」(デレル・シムズ氏)

 一部ではエイリアンを神格化して崇拝する団体やグループもあるが、シムズ氏はエイリアンにはさまざまな思惑があり、接触においては用心を怠ることはできないと警告している。そして我々が考えている以上にアブダクションが世界中で数多く起きているのだとすれば、だれもが“その時”を覚悟しておくこともまた求められているのだろう。

参考:「Express」ほか

 

※当記事は2022年の記事を再編集して掲載しています。

関連キーワード:, ,
TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

地球にいる“7種のエイリアン”の邪悪な意図とは!?記憶改変、強制手術… 2000件のアブダクション事件を捜査した元CIAが警鐘のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

UFO・宇宙人最新記事

中古の空飛ぶ円盤が出品される

UFO・宇宙人

人気記事ランキング17:35更新