宇宙人が墓地に4日間滞在?赤いウロコのトカゲ…カナダでヒューマノイド目撃が連発した1968年の謎!

 1968年のカナダに何が起こっていたのか――。記録をひもといてみると、1968年のカナダでは“ヒューマノイド”とUFOの目撃報告が異常なまでに多かったのだ。

イメージ画像 Created with DALL·E

■着陸した白く輝く飛行物体からヒューマノイドか

 世界各地で目撃されているUFOだが、場合によってはその搭乗員であるエイリアンの姿が確認されるケースもある。目撃されたエイリアンの多くは身体の大きさこそばらつきがあるものの、我々と同じように直立して歩く“ヒューマノイド”だ。

 そしてこのヒューマノイドとUFOの目撃報告が1968年のカナダで突出した数になっている。なぜこの年のカナダでUFOとヒューマノイドが年間を通じて多数目撃されたのだろうか。

 この年、重要度の高い最初の目撃報告は4月から始まっている。ブリティッシュコロンビア州ウェストバンクーバーのホワイトクリフ公園に停めた車の中にいた2人が、森の上空を白く輝く光がゆっくりと通り過ぎ、やがて見えなくなったと報告している。そしてこの光が見えなくなってからすぐに、森の中から1体の光輝く小さなヒューマノイドが出てきて周囲を素早く駆け回ったという。

 動きがあまりに素早すぎて、このヒューマノイドがどんな服装をしていてどんな表情をしていたのかはわからなかったということだが、そのうちにまた森の奥へと戻っていき、その後、白い光が森の上空に浮上してきて飛び去っていったということだ。何らかの目的や必要性があってこの森に一時着陸したUFOとエイリアンのようにも思えるエピソードだ。

 同じく4月、ケベック州シクーティミで1人の女性がレストランに向かう途中に上空をホバリングする物体を目撃。その謎の浮遊物体の底からはビーム光線のような光が放たれていて、ちょうど真下にきた女性の目を眩ませた。

 この奇妙で不気味な体験に、女性は家に引き返すことを決断したのだが、自宅のそばまで来たところで青い目の小さな男性の姿を目にした。男性は縫い目のない白いツナギ服を着ていて、女性の視線に気づくとその場で消えてしまったのだ。その後数カ月、同様の小さな男性の目撃報告がこの地で続いたという。

イメージ画像 Created with DALL·E

 6月にはオンタリオ州サーニアで10歳の少女が家の近くで、スキンヘッドで身長180センチほどのヒューマノイドを目撃している。怖くなった少女はガレージの中にいた父親を呼んだのだが、次の瞬間、そこにはヒューマノイドの影も形もなくなっていたということだ。

 同じく6月、ケベック州ラバル・デ・ラピードの駐車場で2人の夫人が空中に浮かぶ2体のヒューマノイドを見たと証言している。2体共にぴったりとした黒いボディスーツを身に着けており、地面から2メートルのところまで降りてきて、驚いた2人の夫人が足早に逃げる中、彼らのうちの1体は農作業で使う熊手のようなものを地面に突き刺していたという。

■7月には“アブダクション”報告も

 7月に入ってからも目撃報告は続く。7月2日の夜にはケベック州サン=タレクシ=ド=モンカルムで自宅にいた女性が窓の外に尖った鼻とキノコ型の帽子をかぶった20人の小さくて緑色の男性のヒューマノイドの“行列”を目撃。

 同じ日には、ケベック州セントトーマスで巡査2人が、身長60センチほどの球根状の大きな頭を持つ2体の奇妙なヒューマノイドを発見して追跡するが、すぐに姿を消してしまった。

 7月26日には、ケベック州リビエール・デュ・ルーの空港近くで自転車に乗っていた2人の少年が、身長1メートルほどの灰色の皮膚を持つ2体のヒューマノイドを目撃したと報告。この時期、ケベック州はそのようなヒューマノイドの“ホットスポット”であったことがようやく示唆されるようになった。

 その2日後の7月28日、ケベック州サン=スタニスラス=ド=コストカで、5人の若者が赤く光る2機のUFOが近くに着陸していたのを認め、着陸地点と思われる場所へ向かって調べてみると、身長120センチほどのヒューマノイドに遭遇。大きな頭で首はなさそうで、大きな丸い目、平らな鼻、しわくちゃででこぼこしたブラウンの肌をしていたという。

イメージ画像 Created with DALL·E

 若者らが懐中電灯の明かりを向けると、ヒューマノイドは引き返してUFOに乗り込み、浮上して飛び去っていったという。

 同月にはUFOに誘拐されたという“アブダクション”の報告もある。

 オンタリオ州在住の女性は、自宅からどこかの野原に瞬間移動させられ、真上から大きな円盤型UFOが降りてきた3体のヒューマノイドによってUFO内に連れ込まれたと話している。なんとUFO内で手術を受け、頭の中に“追跡装置”を埋め込まれたのだと説明している。開頭手術が行われたのだが、特殊な医療器具が使われたためまったく痕は残っていないという。手術内容が影響しているのか、この時のヒューマノイドの詳しい特徴などはあまりよく記憶してないということだ。

■墓地に4日間滞在していたヒューマノイド

 8月に入っても目撃報告はまだ続く。ケベック州ショーネシーではゴルフ場でBBガンで遊んでいた少年のグループが、着陸していた金属の輝きを放つ円盤型UFOと、白いジャンプスーツを着て腰に赤いベルトを巻いた青白いヒューマノイドを目撃している。

 ケベック州最大の都市モントリオールでは、3人の男性によって身長1メートルほどのヒューマノイドが目撃されている。不自然なほど大きな頭をしていたが、とても身軽で、道路を横切るのに助走なしで9メートルほどをひとっ飛びしたという。

 ケベック州コレインの小学生のグループは、8月28日から4日間にわたって墓地に滞在していたヒューマノイドを観察し続けたという。身長は120センチほどで、スキンヘッドにふさふさした黒いひげ、赤い色のトカゲのような粗いウロコ状の皮膚をしていたと説明している。

 観察最終日となった4日目には、彼の頭上にやってきた青、白、赤に輝く“空飛ぶ円盤”に乗り込み、飛び去って行ったという。この模様は子どもたちのほかにも数人の大人が一緒に目撃している。

イメージ画像 Created with DALL·E

 目撃報告は9月も続き、9月14日には、ケベック州ドラモンドビルで若い女性3人がロボットのような動きで歩き回るコート姿で帽子をかぶった小さな男性ヒューマノイドを目撃。このヒューマノイドもしばらくすると消え去ってしまったという。

 その翌日にも同じ人物によってヒューマノイドが目撃されたのだが、今度は赤い光の環から紺のジャンプスーツを着た格好で現れ、同じようにロボットのような奇妙な歩き方で辺りを歩いた後、木陰に姿を隠しそのままいなくなってしまったという。しかしこのヒューマノイドが残した足跡は消えずにあったということだ。

 9月21日、ケベック州コアティクックの学校の屋根で2人の少女が「火星人」と形容しているヒューマノイドの存在が報告されている。彼らは「鼻、口、髪のない緑の顔」で、動くと火花が散ったという。

 28日にはケベック州アスベスト村の家族が、黄色いオレンジ色の円盤型UFOからヒューマノイドが出てきたものの、すぐに急いでUFOに戻り飛び去り、その一部始終を目撃したことを報告。この地域でほかにも数人が同様の目撃をしたと証言している。

 紹介した例は氷山の一角であり、この1968年がカナダ、特にケベック州でヒューマノイドとUFOの目撃報告が連綿と続く特異な1年となっている。UFOに乗って飛び去るヒューマノイドもいれば、その場で姿を消すヒューマノイドも多く、エイリアンである可能性もあるが、異次元の存在であるケースも想定に入れるべきかもしれない。どうしてこの年にカナダ・ケベックでこれほどの目撃報告があったのか、今後何らかの手掛かりがつかめるのか大いに気になるところだ。

参考:「Mysterious Universe」、ほか

 

※当記事は2020年の記事を再編集して掲載しています。


文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

宇宙人が墓地に4日間滞在?赤いウロコのトカゲ…カナダでヒューマノイド目撃が連発した1968年の謎!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング17:35更新