>  >  > 16日の震度5弱は首都直下地震の前兆?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
20140916.jpg
画像は「YouTube」より

 9月16日12時28分頃、茨城県南部を震源とするM5.6、最大震度5弱の地震が関東地方を襲った。大きな揺れに3.11の記憶が鮮明に甦った人も多いことだろう。この地震は、過去にもM6クラスの地震が頻繁に発生している、「地震の巣」と呼ばれる地点を震源としていた。茨城県南部は首都直下地震の想定震源の一つだが、気象庁は今回の地震が大地震につながる可能性について「わからない」と公式に発表している。

 実は、一昨日の地震を予測していた人々が存在する。学者では、東大名誉教授の村井俊治氏。そしてブロガーのミッヒー氏、リシル氏、スズ氏だ。さらに、筆者と生後6カ月の娘も、事前に“ある異変”を感じ取っていた。今回は、これらの予測について検証しつつ、果たして一昨日の地震が首都直下地震の前触れなのかどうか考えてみたい。


■東大名誉教授の予測が的中

 16日の地震を事前に予測していた1人が、過去の記事でも何度か紹介してきた東大名誉教授・村井俊治氏だ。村井氏は、全国1,300カ所にある電子基準点の位置データ分析に取り組んでおり、今年3月14日の伊予灘地震(M6.2)や5月5日の伊豆大島近海地震(M6.0)などの地震も予測、的中させてきた。

 そんな村井氏提供のデータをまとめた「異常変動全国MAP」が、今月8日発売の『週刊ポスト』(9月19日・26日合併号)に掲載された。そしてこの中で、「飛騨・甲信越・北関東警戒ゾーン」として、茨城県南部を含めた地域で地震が起きる可能性についての指摘がなされていた。氏の予測は、またも的中したのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。