>  >  > 長野県地震、9つの予言と前兆があった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

予言

,

地震予知

,

百瀬直也

,

長野県

 先月22日、22時8分に長野県北部で発生したM6.7の大きな地震は、「長野県神城断層地震」と命名された。震源は、神城断層に一致し、この活断層の一部が動いたことによる直下型地震である可能性が高いとされている。神城断層は長さ約26キロで、「糸魚川静岡構造線(略称:糸静線)」という、本州を縦断する活断層帯の一部を構成する。

 実は、数名の予言者や科学者がこの地震発生を見越していた上、様々な前兆現象も起きていた。今回はそれらを整理してみたい。

Nagano.jpg
画像は「YouTube」より


■科学者たちは予測していた

・村井俊治氏
 まず、以前の記事でも紹介したが、「電子基準点」のデータが示す地殻変動に基づき地震予知を行う村井俊治・東大名誉教授は、『週刊ポスト』(2014年5月30日号、小学館)で、半年以内に震度5以上の地震が起きる可能性が高い“4つの警戒ゾーン”をまとめている。その一つが「飛騨・甲信越・北関東」となっていたが、これは今回の地震の前兆である地殻変動を捉えていたと言えるかもしれない。

・木村政昭氏
 また、これまで数多くの大地震を予測・的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授は、内陸型の活断層地震の場合、「この期間に地震が起きる」といった断定が難しいとして、明確な発生時期を予測していなかった。しかし、2004年12月発行の著書『これから注意すべき地震・噴火』(青春出版社)で、氏は「長野県構造線空白域」が要注意地域と明示していた。これは、今回の地震を引き起こした糸静線を含む領域である。


■地震を予知していた人々

・松原照子氏
 松原照子氏は1月23日のブログの“世見”で、「千葉沖、茨城沖」と題して、「昨年の暮れに地図を触ると今年はギリギリセーフ感を感じていましたが、今日は6クラスあるいは6強クラスは来る気になっています」と綴っていた。震度6弱の地震は今年初めてだったことを考えると、発生の場所こそ異なるものの、今回の地震を感じ取っていたのかもしれない。

 さらに同氏の1月30日の“世見”では、「長野県は少し沈み込み気味だとかお聞きしても心配だけが残りますが」と記されている。前項の木村政昭名誉教授は、地震後に『日刊ゲンダイ』の取材に応じ、「日本最大の活断層・糸静線や富士山周辺の地殻が少しずつ下がっているのです」(2014年11月25日、株式会社日刊現代)と語っているが、松原氏はこのことを世見していた可能性もある。

・新りんごあめ氏
 もう一人、以前の記事で紹介した、9月の御嶽山噴火を夢予知して一躍知られる存在となった「新りんごあめ」氏も、今回の地震を予感していたようだ。11月11日の自身のブログで、今後地震が発生するおそれがある場所として「内陸長野ど真ん中から東で山間部から、日本海方向?」と指摘している。“長野県のど真ん中”は岡谷市あたりで、そこから日本海方向の山間部といえば、ちょうど今回の地震の震源あたりではないか。新りんごあめ氏は、夢予知だけでなく、覚醒時に霊感で予知することもできるのだろうか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。