>  >  > ブルガリア最高予言者の「2015年の予言」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
BabaVanga_3.jpg

 東欧ブルガリアに、かつて盲目の偉大な女性予言者がいた。その名をババ・ヴァンガといい、1996年に亡くなったにもかかわらず、いまだに国民的英雄として扱われている。世界の重要な事件や出来事を次々に予言していたという彼女の晩年の予言は、ブルガリア政府によって国家機密とされていたが、2014年10月の政権交代により機密指定が解除された。今回は、ついに明かされたババ・ヴァンガの予言、その恐るべき内容についてお伝えしよう。


■ババ・ヴァンガの生い立ち

 ヴァンガという名はブルガリア国民による愛称で、彼女の本名はヴァンゲリア・パンディヴァ・ディミトローヴァという。1911年に生まれたヴァンガは、12歳の時に竜巻に襲われて視力を失ってしまったことをキッカケに、予知夢によって未来を見抜く能力に目覚めたという。その後の彼女は、薬草を用いたヒーラー、そして透視能力者として活躍した。

 第二次大戦前後、彼女の能力はヨーロッパ中に知れ渡り、相談を受けようとする人々の訪問が絶えなかったという。かつてナチス・ドイツのヒトラーも彼女のもとへ相談に訪れたと巷では語られていたが、どうもこれは事実ではなかったらしい。

 1996年、ヴァンガは肺ガンにより84歳で亡くなった。その死は新聞の一面を飾り、葬儀の際には時の大統領も参列したほどで、現在では国立の「ババ・ヴァンガ・ミュージアム」までも存在する。

BabaVanga.jpg
画像は「YouTube」より

 彼女は生前、2001年に米国で起きた9.11同時多発テロも予言しており、それは「アメリカで鉄の鳥が双子に衝突して、大勢の人々が死ぬ」というものだった。この他に、第二次世界大戦の勃発、米ソの冷戦終了、ソ連の崩壊、チェルノブイリ原発事故なども予言・的中させていたという。さらに彼女は、生まれたばかりの赤ちゃんや、まだお腹の中にいる胎児の未来を予言したり、数百年前に亡くなった人々の霊と会い、対話することもできたとされる。ちなみにヴァンガ自身は、自分の予知能力は見えない存在によってもたらされるものと考えていたようだ。


 晩年のヴァンガは、政府の国家安全保証委員会に協力し、将来の世界情勢について語ったが、その予言は国民に公開されることがなく、当局が国家最高機密に指定して記録・保管した。その数は数千項目にも及ぶとされている。一国家が予言者の予言を国家機密扱いにすること自体、前代未聞のことだろう。

 その後ブルガリアでは、2014年10月の選挙で中道右派の政党「欧州発展のためのブルリア市民」(GERB)が第一党となり、政権交代が起きた。これを機に、GERB党のボイコ・ボリソフ党首は、ヴァンガの予言の一部を機密解除し公開すると発表したというわけだ。

 さて、今回機密解除されたのは、2015年に関する予言だという。それらの予言は、次のようなものである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。