>  >  > 「パッキャオがKO負けする」世紀のボクシング対決の予言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
kikkugeinin_columntitle.png

~サイキック芸人・キックが、豊富なスピリチュアル・オカルト知識を生かして、最新ニュースを豪快に読み解く、芸人キックの、「第三の目で見るニュース」~


第30回【パッキャオvsメイウェザー】

packman0430.jpg
画像は、パッキャオvsメイウェザー 大解剖 エキサイトマッチ総力戦WOWOW公式HP

 来たる5月2日(日本時間3日)、アメリカ・ラスベガスで世界中のボクシングファンが注目する伝説のカードが実現する。「アジアの英雄」マニー・パッキャオと、「パウンド・フォー・パウンド(全階級中最強)」フロイド・メイウェザーの一戦だ。

 パッキャオは、ボクシング史上2人目となる6階級制覇を成し遂げたフィリピンの生きる伝説。一方、メイウェザーは抜群のスピードで無敗のまま5階級を制覇したアメリカの英雄。間違いなくボクシング界最強と呼ばれている2人が、ついに雌雄を決するときが来たのだ。

 格闘技に精通しているキックは、もちろんこの一戦に注目している。サイキックな目線でこの試合の注目ポイントを解説してもらうことにしよう。


■パッキャオのKO負け

以下、キックの予想

・試合前にお茶を飲んだほうが勝つ?

 まず、5月2日にこの戦いが行われるというところに運命的なものを感じますね。5月2日って、釈迦の誕生日だと言われているんですよ(諸説あり)。それに、摘み取ったお茶が一番エネルギーを持っているのも、立春から数えてちょうど八十八夜が経った日、すなわち5月2日なんです。「夏も近づく八十八夜♪」という茶摘みの歌がありますが、あの八十八夜というのは5月2日のことを指しているわけです。

 そんなサイキックなパワーが最大限に高まる日に決戦が行われるわけですから、これを利用しない手はありません。お茶を飲んだ方が有利になるのは間違いないでしょう。ラウンド間の休憩中にはスポーツドリンクではなくお茶を飲むのがお勧めです。

 または、お釈迦様にあやかって、乳がゆを飲むのもいいかもしれません。釈迦はスジャータという娘から乳がゆを恵んでもらって悟りを開いたと言われていますからね。断食をしながら厳しい修行をして、フラフラになったところで乳がゆに助けられたわけですから、ボクシングで打たれまくってダウン寸前のときに飲むのにも最適なんです。両陣営のセコンドは、お茶と乳がゆの準備を忘れないでください。


・言霊はメイウェザーが有利

 どちらが勝つかを予想するには、音霊の力を借りればいいのです。「パッキャオ」と「メイウェザー」という名前を比べてみると、ややメイウェザーが有利かな、という気がします。パッキャオは「パッキャオー→バッキャロー」という感じで、ファンから期待はずれの結果だと罵声を浴びせられるところが見えます。

 リング上に仰向けになって倒れたパッキャオは、上を見ると立っているメイウェザーと目が合います。そこで「目が上にある→目が上だ→め、うえだー→メイウェザー」と思うわけです。2人の名前に潜む音霊を考えると、パッキャオのKO負けということになりそうです。

 でも、僕は個人的にはパッキャオを応援したいんですよね。メイウェザーは暴行罪で服役したこともあり、素行が悪いことで知られています。完全に「宇宙遅れ(別コラム参照)」なんです。

 一方、パッキャオはフィリピンで国会議員を務め、生まれ故郷の貧しい人が多い島に学校を建てたり、食糧支援をしたりする活動を続けてきました。「宇宙早し」の立派な人物なんです。こういう人が勝てば、世の中全体がもっと良くなると思いますよ。

 つまり、この一戦は単なるボクシングの争いではなく、サイキック的にも重要な戦いなんです。いわば、宇宙早しと宇宙遅れの代理戦争です。この勝負の結果次第で、今後の世界の流れが宇宙早しと宇宙遅れのどちらに傾くかが決まってしまうわけです。

 試合が行われるラスベガスはギャンブルの都ですから、カネと欲望が渦巻く「宇宙遅れ」の極地のようなところ。その点でもやはりメイウェザーが有利なのは間違いないんですが、個人的にはパッキャオにがんばってほしいところです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。