• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

マウス

,

仲田しんじ

,

再生

,

移植

,

細胞

 世界で初めて、死んだマウスの足を生き返らせ、移植することに成功したという。再生医療にとって画期的な研究となった今回の実験はいったいどんなものだったのか――。


■免疫反応を起こさない「脱細胞化」移植

biolimb1.JPG
“生き返った”マウスの前足 画像は「New Scientist」より

 マサチューセッツ総合病院再生医療科のハラルド・オット博士率いる研究チームは、死んだマウスの前足を生き返らせ、ほかのマウスに移植する実験に成功したと「New Scientist(6月3日)」が報じている。しかも、足を移植されたマウスに免疫抑制剤を投与する必要はないという。

 通常、他者の四肢や内臓などを移植した患者はその後の人生で免疫抑制剤を服用し続けなければならない。なぜなら、身体が持つ免疫機能が自分のものでない四肢や内臓を“異物”として排除しようとするため、この反応を鈍らせる必要があるからだ。

 しかし、今回のオット博士の研究チームが死んだマウスから“作った”マウスの前足は、移植先のマウスにとって“異物ではないもの”に仕上げることができたのだ。いったいどうしてそんなことが可能なのか……。

 キーワードとなるのが「脱細胞化(decellularize)」の技術である。

 研究チームはまず、死んだマウスから切り取った前足を特殊な液体につけて細胞を全て取り除いたという。この過程を通じて出来上がるのが細胞外マトリックス(Extracellular Matrix)という構造体である。この時点でマウスの前足はいわば“抜け殻”のような、あるいは出汁を取りつくした煮干(!?)のようなものになったのだ。そしてこの脱細胞化処理を施すことによって、いったんこの前足は免疫システム上“誰のものでもない”ものになるのだ。

 この前足に移植先のマウスの血管細胞と筋肉細胞を注入し、栄養分と酸素を与え続けているとこの前足はなんと生体として生き返ったのである。実験5日目からは筋肉細胞に電気的刺激を与えて発育を促し、2週間目には筋肉と血管をもった、赤ちゃんマウスほどの筋力をもった前足に“復活”した。そしてこの前足を、新たな“所有者”となったマウス(血管細胞と筋肉細胞の提供元のマウス)に移植したところ、きちんと血液が循環する身体の一部になったということだ。もちろん免疫反応などは一切起らなかったのは言うまでもない。この実験の成功によって“免疫フリー”な移植医療の実現に大きく近づいたのだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年8月 3日 22:24 | 返信

細胞外マトリックスが大学院の時の研究テーマだったので言わせてもらうと、マトリックスはフィブロネクチンやコラーゲンなどのタンパク質や、多糖を主体とするものなど、かなり多数存在する。中でもこれらのタンパク質はモノクローナル抗体を作成できることから、免疫反応は起こりうる。日本人のゼラチンアレルギーの原因は予防接種時に混入したコラーゲン(アミノ酸組成的にはゼラチンと同じ物質)という事実も調べてみてほしい。
ただ、細胞の外枠フレームとしての細胞外マトリックス研究は、このような応用を心待ちにしてきたので、是非実用化に向けて頑張って欲しい。
細胞接着の実験と遺伝子解析していた当時から、すでに15年が過ぎた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。