>  > 【衝撃新説】本当はなかった、麻薬の依存性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
関連キーワード:

アナザー茂

,

ドラッグ

,

麻薬

 法の網をかいくぐって蔓延する危険ドラッグ、我が国においてもニュース番組を賑わす社会問題だ。一度麻薬に手を染めてしまうとその依存性から、体が蝕まれ、悲惨な最期が待っている、それが我々の麻薬に対する共通認識ではないだろうか?

 麻薬が麻薬を呼ぶという負の悪循環。麻薬依存にいまさら異を唱えるのも愚蒙に思えるかもしれないが、麻薬に依存性があるという認識そのものが間違いなのではないかという問いかけが出されたのだ。10月29日に公開された1本の動画「Everything We Think We Know About Addiction Is Wrong」が話題を呼んでいる。今回は、この動画で語られていることを元に、その根拠となる実験や背景を考察していく。


■麻薬に依存性はない!

drugad1.jpg
画像は「MTV」より


 麻薬に依存性がない、と聞くとそんな馬鹿げたことがあるものかと思うのが普通であろう。1912年に結ばれた万国阿片条約から1世紀、すでに麻薬の依存性は「常識」として社会に存在している。麻薬を取り締まる法律がある中、裏社会においては麻薬の密輸や密売が横行しているのは周知の事実であるが、次の問いかけに我々はどう答えたらよいであろう。

 「病院でモルヒネを投与された患者が麻薬依存症になったということは聞いたことがない。病院で投与されるモルヒネは、一般市場に流通している混ざりモノの多い粗悪なものより、ずっと純度が高くドラッグとしてみれば相当強いものだというのに」。

 確かにガンをはじめ、医療行為の中で用いられる「ジアセチルモルヒネ」は純度の高いヘロインである。入院期間によっては長期にわたり定期的にヘロインを体内に取り込んでいることになるが、先に述べた我々の一般認識に沿って考ると、退院後はヘロインの中毒患者になって再入院となるわけだ。しかし実際にはそうならない。この矛盾はどう考えたらよいのであろうか?

関連キーワード

コメント

11:匿名2015年11月 3日 16:47 | 返信

必死すぎて痛々しいw

10:匿名2015年11月 3日 10:05 | 返信

覚せい剤に関して、知り合いの知り合いの経験談だが
過剰摂取すれば危険だけど、世間で思われているほどの依存性はないらしい。
アルコールと同じようなもんだって。むしろアルコールのほうが危険なくらい
とも言っていた。

9:匿名2015年11月 3日 07:20 | 返信

なんでここ争っているの?みんなTOCANAファンなの、なんなの?
ちなみに私めは中毒にはなりません。

8:匿名2015年11月 3日 03:34 | 返信

釣りにマジレス気持ち悪い

7:匿名医2015年11月 2日 23:20 | 返信

そんな言い争いはやめて!私のために。

6:匿名2015年11月 2日 23:12 | 返信

またしても犯罪者ホイホイ
何ムキになって反論してんだか
「釣られてる」と言われるまで気づけないとか?

5:匿名2015年11月 2日 20:23 | 返信

おっしゃる通り。
ネタにマジレスかっこ悪いですね。失礼。
ただこのサイトの話がオカルトだと理解していない方もいるようでしたので、老婆心ながら。

4:匿名2015年11月 2日 19:50 | 返信

なんか勘違いしてるけどここオカルトを取り上げるサイトだからね

3:匿名2015年11月 2日 19:17 | 返信

医療の場面でモルヒネが使われる場面は主に癌性疼痛の緩和です。

強い疼痛を感じる人がモルヒネを使用しても依存症にならないという研究結果もあります。
http://healthpress.jp/i/2015/05/post-1765_entry.html
の記事内にソースがありました。

つまり、モルヒネを使う対象は癌で亡くなってしまう。または、依存症になりません。

退院した人に依存症がいないのは当たり前ですねw

2:匿名2015年11月 2日 19:16 | 返信

医療の場面でモルヒネが使われる場面は主に癌性疼痛の緩和です。

強い疼痛を感じる人がモルヒネを使用しても依存症にならないという研究結果もあります。
http://healthpress.jp/i/2015/05/post-1765_entry.html
の記事内にソースがありました。

つまり、モルヒネを使う対象は癌で亡くなってしまう。または、依存症になりません。

退院した人に依存症がいないのは当たり前ですねw


1:但し書き必須2015年11月 2日 15:03 | 返信

※ごく一部の研究者による個人的見解です。医学界全体が例示された研究者の見解を100%支持しているわけではありません。
 
一貫して研究者個人の知見を並べているだけで具体的な数値やサンプル数など論拠となる論文の出典等を全く明かしていない。つまり第三者が客観的に再検証できない記事であり、意図的に科学的検証が及ばないようにしてある。つまり、これがマッドサイエンティストの妄言であっても、誰も検証できない事を意味している。反論があるなら科学的に検証可能データと論文を提示すべき。それ以外の「単なる意見」は何ら客観性や再現性に寄与しない事をお忘れなく。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。