>  >  > 7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

白神じゅりこ

,

聖フランシスコ

■教皇フランシスコはペトロだった!?

0128lastemperor_sub02.jpg
※イメージ画像:『アシジの聖フランシスコ』(平凡社)

 聖フランシスコの正式な名前は、ジョヴァンニ・ディ・ピエトロ・ディ・ベルナルドーネ(Giovanni di Pietro di Bernardone)だ。

 名前の中に、ピエトロ(Pietro)が入っている。ピエトロは発音によっては「ペトロ」とも聞こえるのだ。そう、聖フランシスコの名前には、「ペトロ」という名前が隠されていた。そして、現教皇フランシスコはこの聖フランシスコの名を継いでいるため、この「ペトロ」まで継いでいる可能性がある。さらに、教皇フランシスコはイタリア系移民であため、ローマ人の血を引き継いでいるとも考えられるだろう。

 初代教皇の名はペトロである。ペトロは、キリストの弟子だ。つまり、最後は始まりの終わりを意味し、ペトロからはじまりペトロで終わるということなのだろうか。

 また最後の予言には「7つの丘」という言葉が出てくる。この「7つの丘」は初期キリスト教においては「ローマ」を意味する。これは、ローマの中にあるバチカンの崩壊を意味するのではないだろうか? つまり、カトリックの終焉とも考えられる。

 さらに気になるのが、最近の教皇フランシスコのネガティブな発言である。昨年2015年のクリスマス前に、「このクリスマスが人類にとって、最後のクリスマスになるだろう」という意味深な発言をして世界中を震撼させた。

 ひょっとすると、彼は「マラキの予言」の通り、自身が最後の教皇となる運命を悟っているのかもしれない。

 教皇フランシスコは、バチカンを改革し世界中の不遇な人々を救う救世主なのか? それとも、世界を混乱に陥れるトリガーとなるのだろうか? 

 2016年、今年は「マラキの予言」の意味が明るみになるに違いない。
(文=白神じゅりこ)

jyuriko.jpg

★白神じゅりこ
オカルト作家・コラムニスト・ライター。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。
・ブログ「オカスピブログ 東京怪奇大学

 白神じゅりこ企画、地震予知研究家・百瀬直也氏との共著のムック本『恐怖の洗脳ファイル』(ダイアコレクション、ダイアプレス)、『UMA未確認生物の真実』(DIA Collection/岡本英郎との共著)も発売中!

コメント

3:匿名2016年1月31日 23:02 | 返信

「マラキの予言」の通りにならない事を知っているのに
当面の生活のために…どうなるでしょう?的な記事を提供。
カルマ積みますよ。

2:匿名2016年1月30日 15:55 | 返信

ペテロのこじつけは強引すぎる。ローマ人じゃないし。
法王は最後のクリスマスになるって意味じゃなくて
お祝いムードは最後になるだろうと言っただけ。
バチカンなんて、とっくに終焉しているといえるし。
「予言が外れたと思いたい」なんて、心にもないことを言うんじゃないよ、じゅりこ


むー

1:匿名2016年1月30日 10:35 | 返信

……で?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。