• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 日進月歩の宇宙科学。無限に広がるこの宇宙において、人類が唯一の知的生命体だという傲慢な考えはもはや古い。いまや私たちの関心が、すでに人類が宇宙人と出会っているのか、それともまだ出会っていないのか、そうだとすれば最初の接触はいつになるのか、という点に移行している事実は疑いようもない。

 そして今、アメリカで逮捕された殺人未遂事件の容疑者が繰り広げた“とある主張”を巡り、市民の間に衝撃と動揺が広がっている。男が声高に主張する「世界の真実」とは……? 早速、詳細についてお伝えしよう。

hypersexual.jpg
左:容疑者 右:容疑者の描いた両生類型エイリアン 画像は「Washington Post」より引用

■衝撃の“真実”を記した声明文

 3月8日夕方、同国首都ワシントンD.C.でホワイトハウスを取り囲むフェンスによじ登り、何かを一心不乱に投げていた男がシークレットサービスに逮捕された。ABCニュースやワシントンポストをはじめとする複数メディアの報道によると、男の名前はカイル・オードム。30歳の元海兵隊員だという。オードム容疑者が投げていたものは、人類の危機を訴える声明文だったが、そこに記されていた内容に多くの人が衝撃を受けているのだ。

Kyle Odom's Manifesto by Mediaite

容疑者の声明文 「Scribd.」より

 オンライン上にも公開されている声明文(全21頁)によると、なんと「現在の地球には、火星からやって来た両生類型エイリアンが蔓延っている」のだという。また、この事実に気づいてしまった容疑者は、“極めて性欲が強い”両生類型エイリアンたちに取り囲まれ、悲惨な性的虐待を受けた過去も暴露している。さらに彼が見聞きし、考えた物事は、すべて両生類型エイリアンたちに筒抜けの現状にあるというのだ。

 そしてこの男、2日前にアイダホ州で発生した牧師銃撃事件の犯人として指名手配中であることも判明するが、声明文に記載された犯行に至る経緯が、より一層奇妙なものだった。

コメント

5:匿名2016年5月31日 10:05 | 返信

いやいや12発も食ってなぜ生きてるのか。
こないだ20か所刺されて生きてる女子大生も含めて宇宙人だな。

4:匿名2016年4月25日 12:32 | 返信

在米だけどメディア騒然は嘘なw
おかしかったのは警察がこのキチガイを刺激しないように「君の話を詳しく聞きたい」と言って誘い出そうとしたことw
陰謀論バカの扱い方を心得てるなと思った。

3:匿名2016年3月15日 07:22 | 返信

ケロロ軍曹かな

2:匿名2016年3月14日 23:03 | 返信

心の病気です。
百歩譲って仮に宇宙人なら、原始人(人間)などハイテク兵器で蒸発でしょw

1:匿名2016年3月14日 20:34 | 返信

捜査の進展を待とう、って本気で言ってるのか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。