禁断すぎる愛・ツインセスト! 生き別れた双子が出会い、自らの“分身”と激しく愛し合う激ヤバ実話集

 2008年、イギリスで結婚していたある一組のカップルが実は血のつながった双子であったことが判明し婚姻無効となるという、嘘のような実話が報道され大きな話題となった。恋愛の中でも近親婚はタブー中のタブーであり、しかも双子であったというなんともセンセーショナルな事例であったが、この話は単なるゴシップ的なネタではない。

画像はUnsplashAnnie Sprattによる


■生い立ちを知らないまま別の養子となった双子が結婚

 彼らの生い立ちや背景には複雑な事情があったこと、そして子どもが自身の身元を知る権利の是非について、現在そして将来的にも深く議論されるべき問題を多く含んでいる重要な点があったのである。

 詳細からみていこう。報道によると、2人は出生後に別々の家族に養子に出された。成長して知り合い、恋愛感情が芽生えて結婚したが、その後に双子の兄妹であることを知ったという。

 やがて裁判となり、最終的に高等法院は婚姻無効の判決を下し、2人の結婚は取り消しとなった。この双子カップルがどのくらいの期間結婚していたのか、子どもの有無、どのように事実が判明したのかについてはプライバシーの観点から一切公開されていない。

 これがなぜ広く知られるようになったのか、それは当時英国議会で取り上げられていた、ヒトの胚や組織に関する法案審議の中で、同国のデヴィッド・アルトン上院議員がこのカップルの例を取り上げて、法案に対し情報開示に重大な不備があると主張したからである。

 議会では同性愛者のカップルなどが、他人から提供された精子や卵子、胚などを用いた生殖補助医療によって子どもを持つことを認めることについて議論されていたが、一方で提供者情報の開示を求める措置は規定されておらず、誕生した子どもは自分がその事実を知ることができない可能性をはらんでいた。

Created with DALL·E

 先述の双子はお互いに、自分たちが双子であった事実を知らなかった。幼くして里親に引き取られたが、生みの親に対しての情報や兄弟等血縁者の情報が開示されることは一度もなく育ったという。

 アルトン議員は裁判官から聞いた話と前置きしてこの2人の例を紹介し、「自分の生物学的な親を知る権利は、守られるべき人権のひとつ 」であると主張したのである。

■初対面で「避けがたい魅力を感じた」2人

 2人は不思議なことに、初めて出会った(再会した)時から相手に対し「避けがたい魅力を感じた」と、結婚した理由を話していたらしい。

 同国の養子縁組を行う慈善団体の代表を務めるパム・ホジキンズ氏によると、我々人間は通常、血縁関係にあると気づいている者同士の近親相姦には激しい嫌悪感や抵抗感を持っているが、しかしながら血縁関係に気づいていない場合には逆に、自分と類似している血縁者に惹かれることはごくごく自然な現象であり、「我々は常に自分に似た人に興味を持つものだ」 とコメントしているという。

 無論この例はかなりのレアケースではあるが、数十年前までは双子や兄弟姉妹同士が別々に養子に出されるケースも多く、存在すら知らされなかったといい、そういった背景が悲劇を起こしてしまったと事態を重く受け止めているようだ。

 施設では最近、なるべくきょうだいの子どもたちを離さずに一緒に養育していくのが主流となっているという。

【閲覧注意】禁断すぎる愛・ツインセスト(双子相姦)! 生き別れた双子が出会い、自らの分身と激しく愛し合う激ヤバ実話集の画像3
画像は「Wikipedia」より

 今後ますます需要の増加が見込まれる生殖補助医療だが、提供された同じ精子や卵子により生を受けた人たちが、自分の知らない兄弟姉妹(もしくは親子)と気づかずに“不思議と惹かれあい” 恋に落ち結婚するといった危険を伴う可能性は、医療の発展と共に少しずつ比例していくだろう。非常にデリケートなテーマゆえに軽率には扱えないが、さらなる活発な議論が求められるべき根源的な問題である。


■「Reddit」に投稿された驚きの近親相姦体験談ストーリー!

 米国版「2ちゃんねる」ともいわれる英語圏の巨大電子掲示板サイト「Reddit」には、このような近親相姦タブーについて当事者たちからの驚きの告白や苦悩が語られるスレッドが立つこともある。

 一部の人々は、いけないと知りながらもこの特殊な関係にはまり込んでいく自分を止められなかったという。

 17歳の時に双子の妹と性的関係を持ったという男性は、互いに初体験同士だったと告白。幼少期に父が亡くなり、仕事で家を空けることが多い母に代わって歳の離れた異母姉とその夫が面倒を見ていてくれ、特にトラウマもなく、ごく普通の子どもたちであったらしい。

 一度情熱的なハグを交わしたことがキッカケだったというが、自分たちでも、なぜそこまで惹かれ合い、行為を止められなかったのかわからないという。

 その他にも、家族に見つかるまで妹と性的関係を持ったが、その後は何事もなかったように通常の兄妹として振る舞う男性(ただし今は妹と似ている女性がタイプになってしまったとのこと)の話や、小さい時に好奇心から従姉妹と関係を持ってしまったという人など、事実だとすれば、タブーとは知りながらも身内に異性的な魅力を感じ、性的な関係に陥ってしまう人も少数とはいえ存在するということだろうか。

 ちなみに昨今では、双子(twins)による近親相姦(incest)を示す「twincest(ツインセスト、双子相姦)」なる言葉まで誕生しているようだが、ドイツなど一部の国では兄妹・姉弟の結婚の合法化の是非を議論する動きも出てきており、今後の動きを見守りたいところである。

参考:「BBC」、「Evening Standard」、「The Sun」、ほか

 

※当記事は2018年の記事を再掲しています。

関連キーワード:, , , ,
TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

禁断すぎる愛・ツインセスト! 生き別れた双子が出会い、自らの“分身”と激しく愛し合う激ヤバ実話集のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル