>  >  > 熊本地震を的中させた“粥占い”がヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

予言

,

熊本地震

,

百瀬直也

,

神社

,

粥占い

kayu.jpg
画像は「YouTube」より引用

 4月14日以降、熊本地方で震度7の激しい揺れを2度も記録する「平成28年(2016年)熊本地震」が発生した。この地震の前兆現象や予言については、これまでTOCANAでさまざまな形で紹介してきた。しかし、九州の神社のご神示が、今回の熊本地震を発生の1カ月前にズバリ予見していたという驚愕の事実が判明したので、詳細について報告したい。


■大災害をことごとく的中させる“粥占い”

 あなたは、神社で行われる「粥占(かゆうら)」や「筒粥(つつがゆ)神事」と呼ばれるご神事を知っているだろうか? これは、さまざまな穀物を用いて粥を炊き、出来具合からその年の穀物の収穫や世相を占う行事だ。神社によっては、「台風」や「地震」などの災害の有無も占われる。

suwataisya.jpg
諏訪大社 画像は「Wikipedia」より引用

 特に有名なのは、長野県の諏訪大社で毎年1月15日に行われる「筒粥神事」だが、過去の記事で紹介したように、2011年には意外な結果が出た。この年の「世相」を占った結果、五分満点の「三分五厘」と厳しい結果が出たが、これは「三行半(みくだりはん)」を意味する不吉な凶相でもあった。神官が「今年は怖い1年。過去20年間の中で最も悪い結果が出た」と語るほどだった。そしてその2カ月後、あの東日本大震災が発生してしまったのだ。

師岡熊野神社の筒粥神事(平成26年) 動画は「YouTube」より

 全国各地の神社で行われる粥占は、伝統的に1月15日に行われるところが多い。その頃になると、筆者は各神社の結果をチェックするのだが、前述の諏訪大社の筒粥神事も含めて今年は全体的に「平穏」を示唆する結果が多かった。そのため、「2016年は巨大地震のような大災害については安心かもしれない」と密かに思っていたのだが――迂闊にも、ある神社の粥占の結果を見逃していたのだ。

関連キーワード

コメント

6:匿名2016年10月 1日 06:00 | 返信

台風の件、当たってますね~
いや、これからなのかも。。

5:匿名2016年10月 1日 05:58 | 返信

台風の件、当たってますね~
いやこれからなのかも。。

4:ノブノブ2016年4月29日 21:51 | 返信

静岡の研究会が15日に注意報出してた
http://ameblo.jp/shizusinken/

3:薔薇に菊2016年4月29日 16:20 | 返信

この先、金持ちも貧乏も真逆にひっくり返る

ぐれんってひっくり返るだろう。

2:匿名2016年4月26日 16:08 | 返信

※1、いや これは、かなりマジなヤツ。

1:匿名2016年4月26日 14:23 | 返信

相変わらずあてにならないねー

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。