>  >  > 成田空港反対派のシンボル「東峰神社」訪問記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
09touhou.jpg

 どこまでも続く青空、轟音を立てて頭上を通過していく巨大な航空機、周囲と隔絶するかのように敷地をぐるりと取り囲む白い壁、そして侵入者を絶えず監視し続けている防犯カメラ……。千葉県成田市にある東峰神社は、その極めて特異な立地や光景も相まって、絶えず独特な空気と時間が流れ続けるスポットだ。

05touhou.jpg

 ご存知の方も多いとは思うが、この東峰神社があるのは、成田国際空港の中である。とは言っても、敷地の中にあるのではなく、周囲を空港の敷地に取り囲まれているという、言わば、“飛び地”のような状況だ。実はこの一帯には、東峰神社のほかにも以前から未買収地が島状に点在しており、東峰神社の敷地についても、2001年に同港を管理する成田国際空港株式会社に所有権が移転されるまでは近隣住民らが共有していたものである。無論、現時点において、そうした権利関係はクリアな状態になってはいるが、地域信仰の中心であると同時に、一連の成田空港の建設・拡張工事反対運動においてシンボリックな役割を果たしたこの神社を、そうおいそれと移転させるわけにもいかない。そこで所有権の移転後も、空港側は航空機の運行に支障がある樹木を伐採する程度にとどめ、神社そのものは移転することなく存在し続けているというわけだ。とはいえ、そうした性質上、過激派等の接近を防ぐ目的で、強烈な監視体制が布かれることとなり、その状態が現在もなお続いている。

01touhou11.jpg

コメント

2:匿名2016年9月25日 11:21 | 返信

最近は飛行機マニアか物珍しさに来る見物客ばかりしか来なくなって、職質され無くなったようです

1:匿名2016年8月18日 11:52 | 返信

へーこんな場所あったんだ!
今度遊びにいこ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。