>  > VR「ゾンビサバイバル」で脳が崩壊した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
VR_01.jpg
驚愕体験が待っていた! 撮影:編集部

 以前からトカナ編集部は、VRが人類にもたらすであろう新体験に注目してきた。そこで今回、そのVRの真価を見極めるべく、ついに日本上陸を果たしたVRアトラクションを体験するため東京ジョイポリスに突撃してきた。

 今回プレイしたのは、ZERO LATENCY VR「ゾンビサバイバル」と、ホラーアトラクション「VR生き人形の間」だ。シューティングアトラクションとホラーアトラクション、それぞれ趣は異なるが、どちらも圧倒的な没入感。VRの可能性をまざまざと見せつけられた体験だった。


■ZERO LATENCY VR「ゾンビサバイバル」

VR_02.jpg
しっかり教えてもらえる 撮影:編集部

 ZERO LATENCY VRは、世界初となるフリーロームVRアトラクション。ゾンビの大群に襲われ壊滅的被害を受けた街を舞台に、迫り来るゾンビを撃退し拠点を死守する。プレイ時間は30分となっているが、半分の15分はブリーフィングに当てられ、操作説明や注意事項を確認する。

 ブリーフィング終了後は4kgのバックパックと2kgの銃を装着して、いざ戦場へ。プレイルームの広さは圧巻の16.8m四方。6人プレイでも十分に動き回れる広さだ。今回はトカナ編集部員に加え、ジョイポリスのスタッフの皆さんにもご協力いただき5人でのプレイとなったが、他のプレイヤーと衝突することはなかった。プレイヤーが接近した際には、警告音が鳴り危険を知らせてくれる上、スタッフがプレイヤーの動きをつぶさに見ているため、安全面の心配はないとのことだ。

VR_03.jpg
体験したことのない世界! 撮影:編集部

 さて、ゴーグルを装着すると、思わず「おおー!」と驚きの声が漏れる。見渡す限り360度すべてがヴァーチャル・リアリティ。隣には兵士姿になったプレイヤーが見えるではないか。さらに驚いたことに、首をどんなに速く振っても映像のタイムラグが全く無い。まるで別の世界に入り込んでしまったかのような感覚。自分がジョイポリスにいることを忘れてしまうほどだった。

 プレイが始めると、ゾンビが次から次へとわんさか湧いてくる。ショットガンを矢継ぎ早に打ち続けるが、ゾンビの進撃は止まらない。「く、喰われるッッッ!」、思わずゾンビから逃れようと身をよじる。仮想現実だとわかっていても、脳は現実だと誤認している証拠だ。

 装着したヘッドフォンからは他のプレイヤーの声が聞こえてくるため、協力プレイも楽しめる。実際、熟練のサバゲーマーは見事な連携プレイから高得点を獲得しているそうだが、我々にそんな余裕はなかった。ひたすら目の前のゾンビを倒すことだけに没頭せざるをえなかった。なぜなら、ゾンビに噛みつかれると、痛みこそないが、我慢しがたい不快感と恐怖に襲われたからだ。皮膚の下を存在しない虫が這っている感覚に苛まれるドラッグの幻覚症状に似ているかもしれない。

VR_04.jpg
画像提供:東京ジョイポリス

 エレベーターで2階に昇ると、今にも崩れ落ちそうな足場の悪い細い通路が現れる。これも仮想現実に過ぎないが、“落ちないように”慎重に歩かざるをえなかった。今思えば馬鹿馬鹿しいが、まるで夢は夢から覚めた後でなければ夢と分からないように、その時はそれがリアルだったのだ。ちなみに、編集部一同あまりに“ガチ”だったので、試しに落ちてみることはしなかったが、高所から落ちることは可能とのこと。

 ストーリーについては細かく話さないでおこう。ぜひ、読者自身で体験して頂きたい。重要なのはストーリーではなく、そのリアリティだ。ゾンビに襲われる不快感を存分に味わってもらいたい。

VR_05.jpg
画像提供:東京ジョイポリス

 ほとんど文句の付けようがない完成度だったが、唯一惜しむらくは映像のクオリティ。ピント調節は可能だが、どうしても鮮明さは“本物”とまではいかない。しかし、夢で見る光景と同じぐらいのリアリティはあるので、白ける事はないだろう。また、現在のところストーリーは1つしかないが、今後新しいストーリーの導入も検討されているようだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。