• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 最新の研究で、普遍的な無意識が存在することが判明、「人類皆兄弟」が科学的な事実であることが証明された!

 科学ジャーナル「Psychological Science」に掲載された論文で、シンガポール南洋理工大学とシンガポール国立大学の研究者らが「ブーバ/キキ効果」が従来考えられていたよりも、さらに深く人間の無意識と関係していることが分かった。米ニュースメディア「UPI」(2月9日付)が伝えている。

 ご存知の読者もいるかもしれないが、本題に入る前に「ブーバ/キキ効果」について簡単に解説しておこう。

「ブーバ/キキ効果」とは、言語音と図形の視覚的印象との連想について一般的に見られる関係をいう。具体的には、丸い曲線とギザギザの直線とからなる2つの図形を被験者に見せ、どちらか一方の名がブーバで、他方の名がキキであるか聞くと、98%ほどの大多数の人は「曲線図形がブーバで、ギザギザ図形がキキだ」と答える、というものだ。

 1989年に心理学者ヴォルフガング・ケーラーが最初に報告して以来、広く知られてきた現象であるが、この度「ブーバ/キキ効果」の実在を完璧に証明する実験が行われた。実験内容は次のようなものだ。

boubakiki_01.jpg
画像は「UPI」より引用

実験1
 イメージの中に文字が浮かびあがるように、被験者の効き目に「丸い曲線のイメージ」と「ギザギザの直線のイメージ」、反対の目に、徐々に浮かび上がる文字「bubu」と「kiki」を見せる。文字とイメージの組み合わせがランダムに表示され、被験者は、文字が認識できた時点でボタンを押す。

 すると、丸い曲線のイメージと「bubu」、ギザギザした直線のイメージと「kiki」が組み合わさった時の方が、文字を短時間で認識できることが判明。

実験2
 しかし、実験1では言語音ではなく文字の形とイメージを結びつけてしまっている可能性がある。そこで実験2では、「bubu」と「kiki」の代わりに、それぞれの音声に対応した意味のない記号を見せ、実験1と同じように認識スピードを検証。結果は実験1と同様、被験者らは、丸い曲線のイメージと「bubu」、ギザギザした直線のイメージと「kiki」の組み合わせの時、より素早く認識した。

コメント

4:匿名2018年2月24日 12:42 | 返信

「見た感覚から言葉(=音)を連想する」実験ですね。逆なのが「音から感覚を連想する」のがオノマトペーです。
連想には相互性があります。つまり、連想に関しては常に逆連想可能(AからBを連想できるとき、BからAを連想することもできる)なのです。なので、オノマトペーがほぼ人類共通だということが証明できれば、「見た感覚からの言葉の連想」もほぼ人類共通になることが証明できます。

以下にその証明をしますが、これは従来科学の域を出ない僕の仮説です。

視覚ー触覚ー聴覚ー発音するときの舌の感覚の共時感覚連想ネットワークにおけるノードが脳内に出来上がっていてそのノードがオノマトペーという言葉で上手にタグ付けされる。その「共時感覚連想」が脳内で比較的万人共通な形に構成される。なぜこれが万人共通になるか。それは、感覚器官と脳の構造が万人共通なうえ、感覚形成期である乳幼児期の「(味覚、嗅覚を除いた)視覚、触覚(唇や舌、口、のどの感覚が特に重要)、聴覚の共時経験」がほぼ万人共通だからである。それで連想ネットワークにおける共通ノードであるオノマトペーも万人共通語的に使える。

一つ例を挙げるなら、漢字の母(mo)、中国語のママ、英語のmama、motherに共通する、「m」は乳首に吸い付く唇の感覚とmを発音するときの唇の感覚の類似からの連想によって生まれた言葉だと思われる。日本語ではハハではないかと思うだろうが、日本語のマンマはごはんのことだ。乳児にとってそれは母親の母乳のことである。つまり母の乳首を指している。だから、中国語、英語、日本語とも同じものが感覚において連想されているのだ。この感覚の共通性は、この例においては、母親の乳首を吸う体験が万国共通であることに由来する。このように具体的なモノを表すには一致しないこともあるので不便だが、言語横断的に「同じ感覚((味覚、嗅覚を除いた)視覚、触覚(唇や舌、口、のどの感覚が特に重要)、聴覚の)」を想起させるのに便利に使える可能性があるのがオノマトペーではないだろうか。

Bは唇から出る低周波数の音、Kは緊張させた舌と口蓋の隙間から出る高周波数の音。Bは英語bubbleや日本語ブクブクを連想させる。泡の発生する音ブクブクの音の低周波性が唇から出る低周波数のB音と連想的に結びついているのではないか(世界共通的に)。Kは英語keenを連想させる。尖ったものを見たときの本能的恐怖による緊張が、Kを発話する時の舌の筋肉の緊張(またKiは口を横に広く開ける時の口の周りの表情筋の緊張)と連想記憶的に連動しているのではないか。サルの「キーッ」という警戒音にも似ていることから、類人猿から人類が進化してきた歴史から見ても相当古くからあるオノマトペーではないかと考えられる。

オノマトペーは幼児語、未開人的の言葉として近代人には低く見られがちだが、世界中の子育て上手な母親はオノマトペーを上手に使って乳幼児と素晴らしいコミュニケーションをする。母親との接触を通して乳幼児は生まれ持った力でこの言葉を学び、この言葉の助けを借りて世界や人間としての原初的な生活を営んででゆく。

大人に対しても、オノマトペーを実技(スポーツや作業など)指導に活かした研究がなされて有効性が実証され、すでに実際に応用されていることがテレビでも取り上げられている。

以上では後天的な学習のみをもとにして僕は説明し、超越的な集合的無意識論は使いませんでした。しかし超越的な集合的無意識が存在する可能性をとくに否定はしません。そこで、もし、「超越的な集合的無意識があるというより納得できる事例」があるならば、別途記事にして頂きたいと思います。

3:匿名2018年2月24日 12:39 | 返信

「見た感覚から言葉(=音)を連想する」実験ですね。逆なのが「音から感覚を連想する」のがオノマトペーです。
連想には相互性があります。つまり、連想に関しては常に逆連想可能(AからBを連想できるとき、BからAを連想することもできる)なのです。なので、オノマトペーがほぼ人類共通だということが証明できれば、「見た感覚からの言葉の連想」もほぼ人類共通になることが証明できます。

以下にその証明をしますが、これは従来科学の域を出ない僕の仮説です。

視覚ー触覚ー聴覚ー発音するときの舌の感覚の共時感覚連想ネットワークにおけるノードが脳内に出来上がっていてそのノードがオノマトペーという言葉で上手にタグ付けされる。その「共時感覚連想」が脳内で比較的万人共通な形に構成される。なぜこれが万人共通になるか。それは、感覚器官と脳の構造が万人共通なうえ、感覚形成期である乳幼児期の「(味覚、嗅覚を除いた)視覚、触覚(唇や舌、口、のどの感覚が特に重要)、聴覚の共時経験」がほぼ万人共通だからである。それで連想ネットワークにおける共通ノードであるオノマトペーも万人共通語的に使える。

一つ例を挙げるなら、漢字の母(mo)、中国語のママ、英語のmama、motherに共通する、「m」は乳首に吸い付く唇の感覚とmを発音するときの唇の感覚の類似からの連想によって生まれた言葉だと思われる。日本語ではハハではないかと思うだろうが、日本語のマンマはごはんのことだ。乳児にとってそれは母親の母乳のことである。つまり母の乳首を指している。だから、中国語、英語、日本語とも同じものが感覚において連想されているのだ。この感覚の共通性は、この例においては、母親の乳首を吸う体験が万国共通であることに由来する。このように具体的なモノを表すには一致しないこともあるので不便だが、言語横断的に「同じ感覚((味覚、嗅覚を除いた)視覚、触覚(唇や舌、口、のどの感覚が特に重要)、聴覚の)」を想起させるのに便利に使える可能性があるのがオノマトペーではないだろうか。

Bは唇から出る低周波数の音、Kは緊張させた舌と口蓋の隙間から出る高周波数の音。Bは英語bubbleや日本語ブクブクを連想させる。泡の発生する音ブクブクの音の低周波性が唇から出る低周波数のB音と連想的に結びついているのではないか(世界共通的に)。Kは英語keenを連想させる。尖ったものを見たときの本能的恐怖による緊張が、Kを発話する時の舌の筋肉の緊張(またKiは口を横に広く開ける時の口の周りの表情筋の緊張)と連想記憶的に連動しているのではないか。サルの「キーッ」という警戒音にも似ていることから、類人猿から人類が進化してきた歴史から見ても相当古くからあるオノマトペーではないかと考えられる。

オノマトペーは幼児語、未開人的の言葉として近代人には低く見られがちだが、世界中の子育て上手な母親はオノマトペーを上手に使って乳幼児と素晴らしいコミュニケーションをする。母親との接触を通して乳幼児は生まれ持った力でこの言葉を学び、この言葉の助けを借りて世界や人間としての原初的な生活を営んででゆく。

大人に対しても、オノマトペーを実技(スポーツや作業など)指導に活かした研究がなされて有効性が実証され、すでに実際に応用されていることがテレビでも取り上げられている。

以上では後天的な学習のみをもとにして僕は説明し、超越的な集合的無意識論は使いませんでした。しかし超越的な集合的無意識が存在する可能性をとくに否定はしません。そこで、もし、「超越的な集合的無意識があるというより納得できる事例」があるならば、別途記事にして頂きたいと思います。

2:匿名2017年8月12日 01:20 | 返信


集合的無意識を出すならユングの名前が出なければおかしいですよ。
レヴィ=ストロースの構造主義はこの記事にある結論とは真逆。言語は普遍的ではないという立場です。すなわち言語の恣意性を提唱したソシュールの流れをくむ立場。レヴィ=ストロースが指摘したのは無意識的下部構造であって無意識でも集合的無意識でもありません。
反応時間はユング言語連想実験みたいだけどあれは別に集合的無意識、無意識の普遍性を実験したわけじゃないですよ。

1:匿名2017年2月19日 17:04 | 返信

今更、音で図形が想い浮かぶ話ですか~

「無意識的な連想の実在」が流行りのポピュリズムに
繋がり第3次世界大戦迫る話を期待してたのに。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。