>  >  > 【閲覧注意】激ヤバ映像で振り返る3.11の衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 東日本大震災の発生から、まもなく6年が経とうとしている。東北大学災害科学国際研究所は、震災発生時に撮影された映像を地図上で検索できるシステム「動画でふりかえる3.11 ―東日本大震災公開動画ファインダー―」をインターネット上で公開した。ネット上に散在する地震や津波の脅威を地図上で検索し、振り返ることを容易にするための試みだ。今後の防災対策として、教訓を得られそうな動画を紹介したい。

remember311.jpg
画像は「動画でふりかえる3.11」より引用

 この検索システムに収められている動画は、「津波直後」「津波襲来」「地震発生時」に大別され、さらに場所を選択することによって、指定した地点の映像を見つけ出すことができる。今回は主に、「津波襲来」のオプションを選択することで見られる映像を列挙する。

 ちなみに、映像によっては「この動画には、地震・津波・火災などの衝撃的な映像が含まれています。精神的なストレスが生じる可能性もありますので、ご注意ください」という注意書きが冒頭にあるため、該当する方は閲覧に注意していただきたい。


イオン前で地震発生~津波襲来(宮城県多賀城市)

動画は「YouTube」より

 宮城県多賀城市のイオン前。仙台港から100mほど内陸に入ったところにある。大地震発生後に屋外に避難した人々が、遠くに津波が襲来しているのを見て、「上がって!」と叫ぶとともに、車が流されている光景を見て悲鳴を上げる。

 このような市街地は、周囲に高い建物がない地域に比べると避難できる商業施設などがあるため、恵まれているかもしれない。市街地で津波に襲われそうになったら、とにかく高い建物に上ることだ。


仙台港近くのオフィスで地震に遭遇(宮城県仙台市宮城野区)

動画は「YouTube」より

 この映像は津波ではなく、地震発生時のものだ。仙台市宮城野区の仙台港近くにあるオフィスで撮影された。東北地方太平洋沖地震では、仙台市宮城野区で震度6強を記録したが、撮影者は「大地震だ!」と叫びながらも撮影の手を止めず、結果的に貴重な映像となった。頑丈そうなビル内とはいえ、勇気を振り絞っての撮影だったに違いない。その後、屋外に出て、外の状況も撮影されている。撮影者は、津波が襲来した際には同ビルの階上に避難したものと思われる。

コメント

2:匿名2017年3月12日 03:39 | 返信

>>1

それじゃあ
お前も日本から出たらどうだ。
この後、破局噴火起こる可能性も無いわけじゃないからね。
どうぞどうぞ。

1:匿名2017年3月11日 10:55 | 返信

昔の人が後世に語ってきたのに、
何度も何度もあの地に住む人が理解できない。

自分から危険な地域に住んでながら家族が流されても、それもその人達の想定内なんだろ?っと思う。
もう自己解決してほしいレベル。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。