>  > ヤバすぎる中国の“殺人食品”が日本にも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 以前から度々、奇想天外な食品の発明によって世間を騒がせてきた中国。ダンボール肉マンやワックスから作られた卵など、日本人の発想では考えもつかないような食べ物が次々と開発されているが、今回紹介する食品も非常に斬新である。なんと、プラスチックを原料とする「プラスチック米」が製造されていたというのだ!


■危険すぎるプラスチック米

PlasticRice.jpg
プラスチック米 画像は「iqilu.com」より引用

 プラスチック米はジャガイモやサツマイモの粉末に、プラスチックと米の香りを加えて作った米ソックリの偽装米で、当然ながら生産コストは本物の米よりも圧倒的に安価となる。

 2015年6月に東京スポーツが伝えたところによると、現地の中華料理店協会の当局者は、「プラスチック米を茶碗3杯食べると、ポリ袋1枚食べることに匹敵する」と語っているようだが、もちろんプラスチックは人体に取り込まれると消化が難しい。

 そして、プラスチックには、体内に取り込むと危険な物質である「フタル酸」類と「ビスフェノールA(BPA)」が含まれている。2013年に米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」がアリゾナ州立大学のバイオデザイン研究所環境安全センターのディレクター、ロルフ・ハルデン博士に取材した話によると、フタル酸類はホルモンバランスを崩すほか、妊婦が摂取すると障害児が生まれやすくなり、ビスフェノールA(BPA)は、フタル酸類よりさらに毒性が強く、子どもの発育を遅らせる危険性が高いという。


■偽装食品が日本に押し寄せてくる?

 今さら指摘するまでもなく、中国は以前からたくさんの奇妙な偽装食品を作り出してきた。

PlasticRice_2.jpg
ワックス卵 画像は「gzhphb.com」より引用

 古タイヤや靴のソールから作られた「偽装タピオカ」入りミルクティー、ワックスから作った殻の中にゼラチンや合成着色料を加えた「偽装卵」、段ボールと混ぜ合わせた「偽装肉」が入った肉まんと餃子……など枚挙に暇がない。

 今後、もしも輸入食品の規制が緩和されるようなことがあれば、これらの食品が日本にも大挙して押し寄せてくる可能性はあるだろう。安価かつ大量に生産されるため、コスト削減と称して、いずれレストラン等でも使われるかもしれない。「先進国の人間ほど、毒に免疫が少なく影響を受けやすい」という研究結果もあるが、特に今回紹介したプラスチック米などは、日本人が摂取すると健康を害する可能性が高いだろう。

コメント

1:匿名2017年3月29日 18:10 | 返信

ユリアたんカワイイ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。