>  >  > ピラミッドは超巨大「水路トンネル」で建造された!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
【新説】ピラミッドは超巨大「水路トンネル」で建造された! 建設会社社長が圧倒的説得力で謎を解明! の画像1
ギザの大ピラミッド「Wikipedia」より引用


「世界7不思議」の1つと言われる世界遺産のギザの大ピラミッド。その不可解すぎる建造方法は、これまで数多くの仮説が立てられてきたが、未だ最終的な解決には至らず、一部では「宇宙人建造説」も囁かれているほどだ。

 だがこの度、建設会社社長(!)が、現場目線にたち、これまでの常識を覆す「実現可能な建設プラン」を提唱していたことが明らかになった。


■「従来の説は現場目線に立っていない」建設会社社長

【新説】ピラミッドは超巨大「水路トンネル」で建造された! 建設会社社長が圧倒的説得力で謎を解明! の画像2
画像は「World Mysteries」より引用

 驚愕の新説を提唱しているのは、エジプト学の専門家でも、歴史学者でもない、英国アッシュボーンの建設会社社長クリス・マッシー氏。英紙「Dirby Telegraph」(2012年9月6日)によると、マッシー氏がピラミッドに興味を持つきっかけとなったのは、エジプト旅行の際に聞いた現地ガイドの解説だったという。建築業に携わるマッシー氏の耳には、従来の説に則ったガイドの解説は非現実的に聞こえたそうだ。

「ガイドは、まるでちょっとした盛り塚をつくるかのような口調で、何万平方メートルもの石材が切り出され、運ばれ、敷き詰められたと言ったんだ。もし私の従業員に、ミキサーさからコンクリートを運んで、高さ6メートルまで積み上げろと言ったら、文句タラタラだろうね」(マッシー氏)

 従来の説では、ピラミッドに石材を積み上げるにあたって、日乾し煉瓦と土などで作業用の傾斜路が作られ、その斜面をソリで運び上げられたとする「傾斜路説」や、地面に並べた丸太の上で石材を運搬したとする「ローラー説」が有力だったが、マッシー氏によると、これらの方法は現実的に不可能だという。

【新説】ピラミッドは超巨大「水路トンネル」で建造された! 建設会社社長が圧倒的説得力で謎を解明! の画像3
画像は「YouTube」より引用

「傾斜路説」では、1つ2tもある石材を運べるだけの傾斜路の建設に90億個もの煉瓦が必要となるため、とても現実的なプランではなく(マッシー氏によると、イギリスで製造される煉瓦は年間20億個)、「ローラー説」についても、2tの物体をローラーの上を転がして運搬することは現代の現場作業員にとってさえ非常に難しいため、気温50℃近くある砂漠では完全に不可能とのことだ。

関連キーワード

コメント

7:匿名2017年10月31日 19:56 | 返信

こっちに、もっと簡単で目からウロコ、な建て方のページがあるけど。

「巨大ピラミッドを建造するいちばん簡単な方法」

当時のエジプトは今みたいな砂漠ではなかったけど、それでも石運びの為だけの水の塔みたいなのを水密状態でずっと維持するなんて可能か?
絶えず洩れてゆく分の水を、ナイルから補充、は単に石を運び上げる以上に困難なのでは?
実際のピラミッドには水密性なんてまるで無いし、最大で60トンを越える長い石は一体どうやったのかな?

6:匿名2017年5月20日 00:50 | 返信

水路がナイル川に直結していて、ピラミッドも最初は高さがないから
何十年かけて水嵩を上げていくのは大した問題じゃあないと思う。
けども水路跡とか全く残ってないのかね?

5:匿名2017年4月 1日 16:51 | 返信

うん、5年前に見た(^^ゞ

4:匿名2017年3月30日 23:35 | 返信

1 ポンプを使って汲み上げた
2 何年もかけて雨水を貯めた
3 バケツリレー

3:匿名2017年3月30日 08:07 | 返信

その説の存在は、昔テレビでやってたから知ってる。
マッシー氏だったかどうかは覚えてないが、たぶん「世界ふしぎ発見」か何か。

2:匿名2017年3月30日 06:45 | 返信

かなり無理っぽいけど^^;

1:匿名2017年3月29日 20:14 | 返信

水路トンネルを埋める為の超大量の水をピラミッドに汲み上げるのは、どうするの?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。