>  > ドローンがオーブを撮影!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

UFO

,

エネルギー

,

オーブ

,

ドローン

,

佐藤Kay

,

動画

 無人探査機ドローンの出現は、今でこそ当たり前になった空撮を素人でも可能にした画期的な発明と言っていいだろう。しかし、ドローンの歴史は意外にも古く、第一次世界大戦時にはすでに着想されていたという。

 そして今、ドローンは謎のエネルギー物体から、アメリカのトップシークレットに至るまで、あらゆる場所で操縦されては、スクープをさらっているようだ。


■ドローンがとらえた謎の白い物体

 UFOとエイリアンの情報サイト「UFO Sightings Hotspot」(6月25日付)によると、その未確認物体はまさに“青天の霹靂”そのものだったという。

ghostlywhite1.JPG
 「UFO Sightings Hotspot」の記事より

 今年6月19日、場所はフランス某所。広々とした牧草地帯が広がる中、ドローンはゆっくりと草原の上を飛行していた。それだけなら、のどかな田舎の光景で済む話だろう。しかし、突如として謎の白い物体が、ものすごいスピードでドローンめがけて飛んできたのだ!

 一瞬にして起こった怪現象は、動画をスローモーションにして確認しないとわかりにくいかもしれないが、たしかに煙に包まれた白っぽい何かが激写されている。もちろん、動画は編集されていない。

 同サイトでは「異次元からのエネルギー体に、ドローンが偶発的に干渉してしまった結果、物理的に変化した瞬間をとらえたのでは?」と推論している。また、一方では「空中を飛んでいた鳥のフンが落下しただけなんじゃ」と、冷静なコメントも見られ、現在に至るまで結論は出ていない。

ドローンがとらえた謎の白い物体 動画は「YouTube」より

■ドローンによる怪奇現象の撮影は今後増える

ghostlywhite2.JPG
 「Mirror」の記事より

 トカナでも以前、アメリカ・ネバダ州にある「エリア51」に、極小ドローンを飛ばした人物が“説明のつかないもの”を極秘撮影したことを伝えている。

 撮影者はドローンを操縦中、不気味なトラックに追跡されて妨害を受けたと激白しているが、おそらく国家から武力行使を許可されている護衛チームの可能性が高い。ドローンを武器に命知らずな御仁もいるものだ。

 いずれにせよ、ドローンの台頭により、これまでなら決して知ることができなかったような真実も目撃する時代になったということだろう。もちろん、知らないでいたほうが良かったという場合も大いにあるかもしれないが。
(文=佐藤Kay)

参考:「UFO Sightings Hotspot」、「Mirror」ほか

関連キーワード

UFO

コメント

1:匿名2017年7月16日 11:26 | 返信

これ記事にできる根性が

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。