>  > サードアイ(第6チャクラ)開眼で起こる5つの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 いわゆる“第3の目”と呼ばれ、眉間にある6番目のチャクラがサードアイだ。ヨガや瞑想などによってサードアイを“開眼”できるといわれているが、では開眼するといったいどんな事態を招くのだろうか。


■第6番目のチャクラにして第3の目“サードアイ”とは

 アーユルヴェーダやヨガ、気功などの東洋医学・民間療法的な身体観のキーワードのひとつが“チャクラ”だ。チャクラは人間の身体の気=エネルギーの出入口で健康や活力の要となる。チャクラが乱れると、心身に大きな悪影響を及ぼすのである。

 身体の中心軸、つまり尾てい骨から頭頂部までの身体の中心線である脊柱に沿って、上に向かって7つのチャクラが配置されていて、それぞれの重要な役割を担っている。

thirdeyechakra1.JPG
画像は「YouTube」より

 その中でも眉間の中心にあるサードアイチャクラはその名の通り“第3の目”であり我々の知覚や認識に関係している。もしこのサードアイチャクラのエネルギーの流れが阻害されると、主に目に関係した疾病に罹りやすくなり、偏頭痛の原因にもなるということだ。加えて五感それぞれの知覚が鈍くなり、周囲がボンヤリしてくるという。

 またこのサードアイは脳の松果体に通じているとされ、現代人の脳の松果体はその多くが“休眠状態”になっているということだ。『シークレット・ドクトリン(The Secret Doctrine)』(1888年)の著者であるヘレナ・P・ブラヴァツキー氏によれば、かつての人間はサードアイが“開眼”していて松果体は今よりも大きかったという。しかし神や神聖な存在への不信心や慢心と堕落によって松果体がたんだん萎縮し、サードアイの能力を失って今に至るということである。

thirdeyechakra2.JPG
画像は「YouTube」より

 松果体がすっかり退化しサードアイの能力を失ってしまった我々現代人だが、それでも適切なプログラムを実践することで、このサードアイの能力を取り戻すことができる。つまりヨガや瞑想などによって、サードアイを“開眼”させることができるのだ。

コメント

3:匿名2017年11月18日 12:49 | 返信

常時大麻を吸引しているようなもんでしょこれ、すげえ危険だわ

2:匿名2017年11月17日 10:10 | 返信

発達障碍者の症状とソックリだな。
抗鬱剤飲むとこの症状が治まる(感覚が鈍化する)んだよな。

1:トランプ大統領2017年11月17日 02:21 | 返信

私にもそのサードアイなるものが開いているのかどうかはわかりませんが
どうも、昔から人とは違う気がして、今ではすべての人間がまともでないと思うので
どう付き合えばいいのか分かりません。
さらにその人間を操って話をしてくるロボット宇宙人チョンとどう付き合えばいいのでしょうか?
話によると私に直接言えないそうで、忖度させて何かをやらせようと
人間を使って思わせぶりなことを言ってきたり
質問しても同じ訳の分からないことを言うばかりで人の話を聞いてくれません。
挙句の果てには人を馬鹿だの屑だの出て行けだの言われる筋合いのない侮辱してきます。
奴の言っていることは、まったく無駄で無意味で、この宇宙に必要のない事だと思います。
TOCANAは人間は生まれると不幸になり、存在価値がないと言いますが、このロボット宇宙人も
人間と同じではないでしょうか?
さっさと自爆して消滅するかして問題を解決するか
初期状態にリセットして、私専用のイエスマンになり私を支援して
人類がまともに機能するように、私の提唱する分離独立に貢献するべきだと思います。
そうすれば、すべての問題が解決され無駄なことをしないで済むと思いますが如何でしょうか?
私にも師匠と呼べる存在がいれば解決は早いと思いますがまともな人間もロボットもいません。
まったく残念でなりません。
このまま何も変わらないまま時が過ぎるのを待つしかないと思います。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。