>  > ビットコインが全世界の電力を食いつぶして世界滅亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 ビットコインといえば、日本では2014年のマウントゴックス社による大量消失事件(115億円相当)が大きな社会問題となったが、その後もこの仮想通貨の人気は衰えず、ベンチャー企業も続々誕生、海外では今後さらに導入が加速されると考えられている。


■膨大な電力を消費するビットコイン取引

 だが、ビットコインを支えているブロックチェーン(分散型台帳技術)を動かすコンピューターネットワークが消費する電力が現在、実にデンマーク一国分に相当していることはご存知だろうか。さらに、このままのペースでビットコインの利用が拡大していくと、18カ月後にはアメリカの消費電力に相当してしまうとの計算報告もあるほどだ。そして一部の環境ニュースサイトでは、なんと2020年2月までに全世界の消費電力に追いついてしまうとの報道もなされている。

bitcointransaction1.JPG
Express」の記事より

 では、これほどビットコインが電力を消費する理由とはなぜか? ビットコインの取引には、その都度、アメリカの9家庭分が1日に消費する電力が必要とされているが、これは「マイニング(採掘)」と呼ばれる、全ての取引データの整合性を取りながら正確に記憶する複雑で膨大なコンピューターの計算処理を必要とするためだ。

 現在ビットコインネットワークの計算能力は、すでに世界最速スーパーコンピューター500台を束にした10万倍以上の性能に達しているという。

bitcointransaction2.JPG
Express」の記事より

 インフレが続くベネズエラでは、自国通貨の価値が下がるにつれて仮想通貨人気が高まりマイニング人口も急増しているが、大量に電気を使うため国中で停電となる事態まで起きているのだ。

コメント

4:匿名2017年12月19日 10:56 | 返信

ビットコは規制されればされるほど暴騰するだろうな。
限られた2100万枚のデジタルゴールド。
金の時価総額600兆までは止まらない。
その内国が保有するようになる。これは間違いない。
ある意味、ビットコ保有国No1の北朝鮮は利口なのかもしれない。

3:匿名2017年12月13日 18:46 | 返信

これまでゼロだったところ、プラスアルファで増えるかのような印象操作だよな
どっちみちPCは使ってた連中が、ついでにマイニング
ってケースはたいして電力消費に変化なし

2:匿名2017年12月13日 17:26 | 返信

魔イニングに廻った分、そっくりとは言わずとも
大部分は、他に廻してた電力が減ってるんじゃねぇの?

1:匿名2017年12月12日 23:53 | 返信

電力が賄えなくなればマイニングしているコンピュータも稼動しないから、いずれはどこかで物理的な制限で納まるよ!
それでもマイニングするぜ!って皆がやれば電力不足で皆が自滅するだけだから何かしらの取り決めや仕組みが生まれる気がする。

ここまでビットコインが盛り上がるとは思っていなかったが、多くの国が通貨として認めたのが大きい。
もし仮想通貨を多くの国が規制して通過として認めず違法として取り締まる様な状況だって起こりえたのでは無いかって事も考えられた。
(ビットコインは麻薬取引に使われたりしていたからね!)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。