• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Elsagate

,

YouTube

,

ショックサイト

,

ポルノ

,

殺人

 子供はYouTubeが大好きだ。だが、公式チャンネルの無害な動画を見ていた次の瞬間に、自動再生機能でポルノまがいの動画に飛ばされてしまうこともある。また、おすすめ動画の一覧に表示されることもある。一見すると無害な子供向け動画であるため、大人でもサムネイルやタイトルで見分けることは難しい。子供がヘッドフォンをして視聴していたら、音声でも気づけないからさらに厄介だ。

■海外では大問題に

 このような動画は「Elsagate(エルサゲート)」と呼ばれており、海外ではすでに大きな問題になりつつある。小さな子供を持つ親に向けて警告が発せられており、不適切な動画を発見したらタグ付けしたりすぐ通報したりするように呼びかけが行われている。

 子供向けのショック動画は規制やフィルタリングを避けるように作られているので、大人向けのものに比べるとかなりソフトではあるのだが、それでも子供にとって衝撃的なのは間違いない。そのような動画を見てしまった子供は、不安や恐怖を示したり、時には暴力的になったりすることもあるという。

動画は「YouTube」より引用

 うっかりグロ画像などを踏んでしまうと、時には大人でもショックを受ける。小さな子供を持つ親は、子供がYouTubeで何を見ているか適時チェックすべきだ。インターネットには子供たちに狙いをつけて、無用のトラウマを植えつけようとする悪意ある人間が多く潜んでいるのである。

(編集部)

参考:「Daily Mail」「Wikipedia」「YouTube」ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。