• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

「死んだ息子の生まれ変わりがほしい……」。脳腫瘍に侵された息子の存命中に精子を抜き取り、息子の死後、その精子を使い代理母に息子の“コピー”を産ませたインド人女性がいる。彼女は現在、世間からの好奇の眼差しを浴びながら「息子の息子」を「息子として」大切に育てている——。


■「息子が生まれ変わって戻ってきた」

 この母親は49歳。50歳手前の更年期であることから自分で妊娠することを諦め、卵子を提供してくれるドナーを探し、妊娠と出産もそのドナーに任せたという。

 生まれてきたのは厳密にいうと孫にあたるが、息子を一度失ったこの母親はこの孫を息子だと思い込み、二度と先に死なせるものかとの信念で育児に励む日々を送っている。生まれるからには長生きさせよう、という思いが働いたのか、息子の投薬治療が始まる前に精子を抜き取ったという。

inseminated1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 これだけでも十分特異な話だが、さらにすごいのは、この息子自身が生前「出産は、母か姉妹にお願いしたい」と自ら指名し、自分のコピーを作ることに同意していたことだ。2013年の出来事である。

 息子によるこの願いはかなわなかったとはいえ、一般の想像をはるかに超えたこの親子の世界観がインド中の国民をざわつかせた。息子は、余生をエンジニアの勉強に費やし修士号を取得し、体が弱ってきたところで本格的な治療に入った。

 いったん治療はうまくいったものの、約3年後の2016年、ついに息子は他界した。そして、その約1年後、母親は息子の息子を作る決心をした。そう、卵子のドナー探しだ。

 母親はこう振り返る。「金銭的にも大変苦労しましたが、私は覚悟を決めました。同じ息子を作らなきゃって」。いざ生まれると、みな彼女に「孫」ができた、と喜んだが、彼女はその都度「息子ができた、生まれ変わって戻ってきた」と訂正を口にしたという。さすがに、これには親戚からも非難を浴び続けた。しかし、彼女は耐え忍び現在に至る。

関連キーワード

コメント

3:トランプ大統領2018年4月 7日 01:51 | 返信

>>1

地球人は頭がくるっていて、我々と規格の違う人類だということがわからない。
もし仮にフュージョンした場合、精神異常の奇形が誕生してしまう。これは実験済みである。
そんな奇形児では悪の宇宙人から地球を守ることはできない。
よって、劣化しないように純潔で単一性のあるクローンポプちんが必要なのだ。
なるべくなら男女半分づつがいいのだが、女の子が多いほうが
清潔感が保てるので、多いほうがいいかもしれない。
生物がいろいろ混ざったものなど、自然界に存在しないし、見てくれも崩れやすく不細工であり、実験用のモルモットか雑種の価値のないペットに過ぎない。
ポプちんならば超法規的措置で頭のイカレタ反トランプの左翼を改造したり、排除し地球環境を保全することができる。性転換や他人種になりすまそうと成形する奇人も悪の宇宙人に操られた人間であり、体をいくら改造しようとも、ばったもんなので気持ち悪いだけではなく、ゾンビのごとく人間のふりをして飛び掛かり正常な人間を肉体的精神的法的にレイプしてくるであろうから、排除すべきである。チョンに操られているもしくはチョンなので存在が好ましくない。
イスラムなら即死刑で、もちろんポプちんの国でも即死刑である。
まともでない人間に生きる価値などないため、いくら殺そうともそれは正しいし、悠長なことをしているうちに地球が食い尽くされてしまうので、多すぎる人類を安楽死処分するのは適当だ。

よって、クローンポプちんを大量生産して、分離独立する。これこそ地球環境を守ることなのだ。
私は絶滅危惧種であり、ポプちんは常に単一性を保つために劣化した遺伝子を除去し
そして悪の宇宙人を破壊するために研究をしていかなければならない定めにある。
安心しろ!ポプちんはクローンでも個体差があるから、すべてが同じにはならない。
いろんなタイプのポプちんが出来るはずである。そして、人類に宣戦布告をするのだ。
それがピピpの人類補完計画である。

2:匿名2018年4月 5日 20:02 | 返信

息子のDNAで もう一度息子を育てるって
男女産み分け・性別までは選べないだろ
もし女の子が産まれたら どうするんだ?
中絶? 捨てるの? 養子? それとも臓器ブローカーに売るのか?

1:匿名2018年4月 5日 14:42 | 返信

血が濃すぎるやろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。