• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライターが紹介する…!

shinkansenm_01.jpg
今月9日、東海道新幹線「のぞみ265号」で刃物で突然乗客に切りつけ、男性1人を殺害、女性2人に重傷を負わせた小島容疑者「CBCニュース(YouTube)」より引用

「9号車で殺人事件が起こり、犯人が車内をうろついています。前後の車両に避難してください」

 走行中の車内にそんなアナウンスが流れたのは、25年前。今、新幹線という密室での通り魔殺人が世間を震撼させているが、それは今回が初めてではない。

平成5年8月23日夜、博多発東京行きの東海道・山陽新幹線「のぞみ24号」9号車(グリーン車)では、男女4人が缶ビールを片手に談笑していた。大阪への日帰り出張の帰途に就いていた食品卸売り会社「国分」の社員たちだった。

 静岡県の掛川駅を通過した、午後8時20分過ぎ。

「考え事をしたいので静かにしてくれませんか」

声をかけてきた若い男、中村克生(27歳・当時)の口ぶりは丁寧なものだった。

shinkansenm_02.jpg
画像は「pixabay」より引用

会話は特にうるさいものではなかったという、同乗していた客の証言もあるが、社員たちは男に言われるままに会話を止めたのだが……。

「やかましい!」

 中村は叫びながら刃渡り30センチのサバイバルナイフを取りだし、「国分」埼玉支店長の松野定哲さん(40歳・当時)の左胸に突き刺した。

「次はどいつだ!」

 返り血を浴びた姿で中村は、車内を逃げ惑う客を追う。9号車にいた客は前後の車両に逃れた。アナウンスによって危機を知った他の車両の乗客は、一部は押し合うように狭いトイレに入り身を隠した。それ以外の多くの乗客は、なすすべもなく恐怖に震えるばかりだった。

 午後8時41分、列車は新富士駅に緊急停車した。ホームに警官の姿を見ると、中村はサバイバルナイフを手にしたまま、なんとか逃走しようと10号車、11号車へと移っていく。11号車の東京側出入り口から飛び出して、追ってきた警官に取り押さえられた。この時、中村は警官に1人の背を切りつけ、全治1カ月の重傷を負わせている。

コメント

3:匿名2018年6月17日 00:00 | 返信

そんな事件ありませんよ!

2:匿名2018年6月15日 20:47 | 返信

誰でもよかったと言いながら 弱そうなターゲットをしっかり選ぶ凶悪犯達
金がないなら働け
誰でもいいなら お前でいいよ ひとりでのたれタヒね
そんなのに限って 人権屋弁護士が無罪狙いでついてくる


1:匿名2018年6月15日 20:01 | 返信

✕ 中村は警官に1人の背を切りつけ
◯ 中村は警官1人の背中を切りつけ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。