• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 今年5月、中国広東省広州市の米総領事館職員が不可解な脳の損傷を負ったことで、米国務省が中国に滞在する米国市民に対し注意を喚起したことは記憶に新しい。当核職員は精密検査のため帰国し、「軽度外傷性脳損傷」と診断されたという。現在、中国政府も調査を行っているとしているが原因は一切不明だ。


■米領事館へ音響攻撃か!?

 だが、在外米人が、このような事件に巻き込まれたのは、今回が初めてではない。2017年、キューバの米大使館勤務者22名は、未曾有の健康被害に次々と襲われた。難聴や吐き気、めまい、鼻血、不眠症などなど。頭痛を訴える患者を診察したところ、脳しんとうの症状が現れていた。しかし、本人はこれまで一度も頭を打ったことがなかったのだ。

sonicattackvictims3.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 事態を重く見た米政府は、キューバにFBIを派遣し調査したが、音響兵器などの証拠は発見できなかったという。キューバ政府も身の潔白を主張しているが、せっかく国交正常化した米=キューバ間にとって気をもむ事案となっている。

 被害に遭った広州総領事館職員の話を総合すると「異常な音と圧力」による不快感が、2017年暮から始まったらしい。ブンブン、キーキー、または金属に穴を開ける時のドリル音などさまざまなノイズとともに、空気圧を体感するということだ。例えるなら、走行中の車のウインドウを少し開けたとき、バサバサと顔に当たる風圧に近い感じだという。

 中国とキューバの政府関係者が標的となったミステリアスな事件。すでに「音響兵器アタック」ではないかと囁かれている。

 米政府は、少しでも身体に不審な点を見つけたら、医療機関へ駆け込むよう呼びかける一方、大使館ホームページでは「たとえ体調不良になっても、その原因を探らないこと。代わりに、音の聞こえなくなる場所まで避難するように」と、穏便に行動するよう警告している。

コメント

2:匿名2018年8月11日 21:50 | 返信

被害者の精神的問題に摩り替える手法は日本でも常套手段。
 
「統失だ!」「妄想だ!」と見ず知らずの第三者であるはずなのに
普通の人間では考えられないような異常な執念を持って24時間365日
違法な監視・尾行・待ち伏せ・誹謗中傷を繰り返す人権弾圧集団が
実在する。
 
しかし妄想はデジカメに写らないし、ICレコーダーにも録音されない。
テクノロジーの進歩で客観的証拠をいくらでも確保できる現在、
猿芝居を打つ連中はいくらでも晒し者にできる格好のカモでしかない。
 
音波兵器は現在普通に売られている技術で何ら珍しいものではない。
「LRAD」で検索してみるがいい。日本でも調査捕鯨船や警察が
対テロ装備として採用している。意味不明に基地外してくるヤツは
何らかの支持を受けて行動しているスパイか無知な世間知らずの
いずれか。

1:匿名2018年8月 9日 11:30 | 返信

諸悪の根源アメリカに攻撃を仕掛けたくなる気持ちはわからなくもない。
FBIの派遣調査で証拠が発見できないのは、大使館内部にスパイがいると考えるのがごく自然なのだが、、、、集団ヒステリーとくるか?

どうせ仮説なら、能力者によるテレパシー攻撃とぐらいまで飛躍して笑わせてほしい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。